「弾丸」にまつわる記事

【超弾丸】1泊3日!「エクストリームニュージーランド旅行」に行ってみたらこうだった

ああ、今週も5日働いて2日休み、来週も5日働いて2日休み、そして再来週もきっと5日働いて2日休み……。土日休みはありがたいけど、たったの2日間じゃ家でゴロゴロするのが関の山、なかなかリフレッシュなんて出来やしない……とお考えのそこのあなた。出来るんです、その気になれば週末だけで “超絶リフレッシュ” 出来ちゃうんです。

疲れた心をリフレッシュするには、何はともあれ旅行が一番! 国内旅行もいいけれど、どうせなら海外で心の栄養補給をいたしませう。というわけで今回は、1泊3日の『エクストリームニュージーランド旅行』に出かけてきたのでご報告したい。

続きを全部読む

【衝撃動画】銃弾2000発に火をつけたらこうなった

銃弾は、その一発でさえ人の命を奪いかねない代物だ。そんな銃弾が100発、200発、いや、2000発だったら、その威力は想像をも超えるはず!

そんな驚きの実験をした動画が話題となっている。2000発の弾が用意されたのだが、これは撃つためではなかった。火をつけて燃やす、というのである! その様子は動画「Destroying of 2000 bullets」で確認できる。

続きを全部読む

ブラジャーで九死に一生を得た女性が話題 / ブラの金具が弾丸を逸らす

いざという時、思いもしないものによって命拾いすることがある。例えば、今回紹介するケースもその1つ。ある女性が、ブラジャーで九死に一生を得たというのだ。何があったのかと言うと……

続きを全部読む

【男性閲覧注意】アンダープロテクターの強度を証明するためにCEO自ら「股間」でライフルの弾丸を受ける!

女性にはご理解いただけないかもしれないことだが、男性にとって金的を喰らう衝撃は、悶絶に値する。もしも言葉で表すとしたら、ヌオーーーッ! ウウウッ……。といった感じだ。もしかしたら、「悶絶」という言葉でも生ぬるいと感じるほどの苦しみ。呼吸も出来なくなるほどの苦痛に見舞われるのである。

・CEO自ら身をていして

アスリートにとって股間の安全を確保することは、自らの身を守るだけでなく、安心して勝負に専念する大事な鍵となる。そんな股間を守るプロテクターメーカーのCEOが、驚くべき実験を行った。それは自社のプロテクターを装着して、そのプロテクターをライフルで撃つというものだ! マジかよ、いくら自社の製品に自信があるとはいえ、一歩間違えば死ぬぞッ!?

続きを全部読む

弾丸を跳ね返す防弾クリップボード

アメリカの雑貨販売サイトが、驚くべき文具の販売を開始した。その文具とは、防弾クリップボードである。本来は紙を挟んで筆記の補助をするボードなのだが、これが弾丸を跳ね返すというのだ。

続きを全部読む