【感動】プロ野球人生の最後に投げたのは代名詞の超スローボール / 多田野数人さんの引退セレモニーが泣ける…

春は出会いと別れの季節というが、プロ野球界でも1人の選手が15年の現役生活を終えた。元北海道日本ハムファイターズで投手として活躍した多田野数人(ただの かずひと)さん。メジャーリーグから日本プロ野球界入りした異色の選手だった。

2018年3月1日、彼の引退セレモニーが札幌ドームで行われたのだが、感動的な一部始終がネットで拡散されつつある。涙なくして見られないその様子は、パ・リーグTVが動画にして公開している。

続きを全部読む