「廃止」にまつわる記事

【たばこコラム】格安銘柄「エコー」が廃止されると聞いて久々に吸ってみた / 貧乏時代を支えてくれたエコーの思い出

JT(日本たばこ産業)は2019年10月以降、在庫分の販売をもって「エコー」「わかば」「ゴールデンバット」の3銘柄を廃止すると発表した。これらは「3級品」と呼ばれる銘柄で、他のものよりも税率が低く設定されている。その特別措置(旧3級品特別たばこ税率)が9月末で廃止となることで値上げを免れないため、銘柄廃止の判断に至ったとのこと。

ヘビースモーカーの私(佐藤)は、3銘柄のなかでもエコーに対する思い入れが強い。金のない時期に、随分このたばこに助けられたからだ。なくなると聞いて寂しい気持ちになり、久しぶりの1本くわえて火をつけてみた……。

続きを全部読む

【激白】現役レースクイーンにF1の『レースクイーン廃止論』について聞いてみた →「イヤイヤやってるコなんて1人もいません」

2018年1月末、地球規模の震撼が走った。世界的なモータースポーツ「フォーミュラ1」いわゆるF1が「グリッドガールは現代の社会規範と相反するものである」として2018年から全面的に廃止することを発表したのだ。

かねてから各種団体から「グリッドガールの存在は性差別的で時代遅れ」などと批判を受けていたというが、肝心の現場の声はあまり聞こえてこない。そこで今回は、現役レースクイーンと元レースクイーンの2名に、この件についてどう思っているのか聞いてみることにした。

続きを全部読む

クロネコヤマトがメール便廃止を発表 「お客さまが容疑者になるリスクを放置することは企業姿勢に反する」

クロネコヤマトのメール便を頻繁に利用する人は多いと思う。そのサービスが、2015年3月31日をもって終了することが明らかになった。クロネコヤマトは廃止の理由について、ホームページ上に理由を公開している。

同社は主な理由について、「信書」の定義があいまいであることを指摘すると共に、総務省に信書規制の改革を求めたのだが、それが受け入れられず、次のような判断を下したのだ。

続きを全部読む