「庭園」にまつわる記事

お庭に巨大ニャンコ登場! ある男性の「亡き飼いネコが登場する作品」がイマジネーションあふれる

美しいイングリッシュガーデンを歩いていたら、突如目の前に巨大な “緑色のネコ” が現れる。人間の倍以上もある、大きな大きなニャンコだ。池の側で丸まって眠っていたり、虹を眺めていたり……。素敵だなあと見惚れてしまうけれど、このネコの正体はなんだろう?

これはあるアーティストの亡きネコが、「巨大ニャンコ」としてお庭に出現したもの。一体どういうこと? 詳しくお伝えしたい。

続きを全部読む

六義園の期間限定「紅葉ライトアップ」が震えるほど美しい / 歴史の息遣いを感じずにはいられない

街並みがクリスマスに彩られ始めた今日この頃。イルミネーションはもちろん綺麗だが、日本人ならもっと “わびさび” を感じていいはず。実は、東京は今がまさに紅葉のシーズンなのだが、「都内でそこまで紅葉が感じられるところある?」という人に朗報だ。

文京区にある都立庭園、六義園(りくぎえん)。JR山手線内とアクセスは抜群な上に、普段から隅々まで手入れされた庭園はこの上なく優雅なのだが……。2014年は11月20日~12月7日の期間限定で、震えるほど美しい「紅葉ライトアップ」が開催されているのだ。 

続きを全部読む

【モロッコ】イヴ・サンローランが愛した「マジョレル庭園」が息をのむほど美しい

アフリカ大陸随一の観光国家モロッコの中でも、とりわけ旅人を惹き付ける街と言われるのがマラケシュだ。世界遺産にも登録されてる旧市街メディナは深夜まで喧噪に絶えない。そんなエネルギーあふれるマラケシュに、旅人を癒しで包み込んでくれる異空間が存在する。イヴ・サンローラン氏が愛した庭園として有名な「マジョレル庭園」だ。

モロッコを訪れていた私(記者)はこの庭園を訪れて、その空間にすっかり魅了されてしまった。竹林やサボテンなど、世界各地の植物が絶妙なバランスで配置されており、鮮やかな色彩にあふれる空間が、それはそれは美しいのだ。

続きを全部読む