「年越し」にまつわる記事

【マジかよ】破天荒ナスDの「年越し無人島生ライブ配信」決定! こんなの見るしかねぇぇえええ!!

大みそかに放送されるテレビ番組と言えば「紅白歌合戦」「笑ってはいけない24時」そして「格闘技」などがある。どれも「もう1年が終わるなぁ」なんて感慨深くなるものだが、今年の大みそかはテレビではなくYouTubeがアツいかもしれない。

なぜならあの破天荒ディレクター「ナスD」の『年越し無人島生ライブ配信』が決定したからである! ナスDの……無人島生ライブ配信だと? やべえ、何が起こるのか予想できねえ! 超気になるゥゥゥウウウウウ!!

続きを全部読む

オッサンが2017年を迎えるその瞬間に絶対にやってはいけないこと / あるいは人目に触れない小さな楽しみ

もう今年もわずか。2016年は皆さんにとってどんな1年だっただろうか? 私(佐藤)は近年稀に見るほど、充実した1年となった。どうやって年越しを迎えるのか、すでに計画を立てていることだろうと思うのだが、これだけはやめておいた方が良いことがある。

ソレは誰でも1度は試みたこと。しかもソレをInstagramなどに上げたりしたら、後々恥ずかしい気持ちになる。ソレは……。

続きを全部読む

【大暴れ】牛久大仏スパークしまくりぃぃいいい! こんなにおめでたいカウントダウンは見たことない!!

全長120mというケタ違いのデカさを誇る『牛久大仏』。どのくらい巨大なのかという話になれば「自由の女神の3倍」とか「奈良の大仏が手に乗る」と例えられることで有名だが、逆にデカすぎてイメージが湧かないという人も多いことだろう。

世界一のブロンズ製立像としてギネス記録に認定されている牛久大仏だが、注目されているのは そのサイズだけではないらしい。なんでも、牛久大仏が本来の実力を存分に発揮するのは「年越しのカウントダウン」だというのだ。そんなわけで、実際に行ってきたので紹介したい!

続きを全部読む

【2015 → 2016】年末カウントダウンイベントが熱い都内ライブハウス3選

12月が始まってすでに1週間が経った。あと3週間ほどで2015年が終わってしまうが、年越しの予定はもう決まっただろうか? 私(中澤)は、コタツとみかんで紅白歌合戦を見るという年越しを理想とするインドア保守派だが、なんだかんだで毎年外出してしまう。紅白を見ているうちに、楽しむというより見たという実績を重視していることに気づき、雰囲気に飽きるからだ。

そして、「年越しをみんなで迎えたい」という気持ちがうずき出す。私のように、寂しがりなんだけど行くあてもないというあなたは、ライブハウスのカウントダウンに行ってみるのはいかがだろうか? アーティストと近い距離でカウントダウンをして迎える新年もまた一興だぞ。ということで今回は、都内ライブハウスの熱いカウントダウンイベントを3つ厳選してお届けしよう。

続きを全部読む

【非リア祭】「大みそかの夜には……1人で泣け! 寝転べ!! パンを食え!!!」 という謎イベントが開催予定 / 3万人以上が参加を表明

2015年も残すところ、あと1カ月。は〜ああ〜、この1年で私は一体何を成し遂げただろうか……と考えると何だか気分が重くなる。もう、寝転がって、泣きながら、パンをかじっていたい気分だよ! 

はい! そんなふうにお考えのみなさんに、朗報だ!! なんと今、Facebook 上で「大みそかの夜には1人で寝転びながら、泣いて、パンを食おう」とのイベントが告知されているのだとか。ええええ、これぞまさに謎イベント。一体、どんな内容なんだよ!

続きを全部読む

【大予想】お〜い、エボルタが挑戦する「年越しバーベル挙げ」の持ち挙げ回数を当てたら豪華商品がもらえるぞーッ!!

ギネス記録も持っているほど長持するアルカリ乾電池といえばパナソニックの「エボルタ」である。その長持ちっぷりを実証するためのロボット「エボルタくん」も作られ、グランドキャニオン登頂やル・マン24時間耐久走行に成功するなど、これまで数々の偉業を成し遂げてきた。

昨年は、水泳・自動車ロードレース・長距離走用のロボットを用意してハワイでのトライアスロンにも挑戦。(この時の動力源は充電式「エボルタ」)総距離約230㎞を見事166時間56分で完走するなど、期待を裏切らないスタミナを誇る「エボルタ」だが、今年の年末も耐久競技にチャレンジを始めた。

続きを全部読む