「山椒」にまつわる記事

【ご当地グルメ】「広島式 汁なし担々麺」は山椒ビリビリの中毒性MAXな味 / 秘かに東京にも進出中

広島県のご当地グルメといえば、1にお好み焼き、2にお好み焼き、3に牡蠣で4にお好み焼き、そして5で穴子メシといったところだろう……たぶん。とにかくお好み焼きのインパクトが絶大すぎて、1泊2日で広島に訪れたらおのずと食べるものは決まってしまう。それくらいお好み焼きの存在感はハンパない。だがしかし……。

ここ数年、地元では「広島式 汁なし担々麺」がジワジワと人気を博しているという。確かに街を歩くと「広島式 汁なし担々麺」の文字を見かけるが、果たしてどんなお味なのだろうか? そして全国的に流行る可能性はあるのか? 今回は中でも激ウマと評判の『キング軒』に足を運んでみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【北海道ラーメン探訪】 最高級の香辛料を使用した『汁なし担々麺』で刺激と旨味を堪能せよ!!「175°DENO 〜担担麺〜」札幌

一昔前は濃厚な味噌ラーメンばかりが目立っていた札幌ラーメンだが、ここ最近では煮干や鶏白湯ベースのラーメンが人気を博している。さらに今、札幌でアツいのが、とある店の「汁なし坦坦麺」だ。

第29回目となる「北海道ラーメン探訪」は、札幌で話題の担担麺専門店『175°DENO ~担担麺~』をご紹介したい。店主が中国四川省へ出向いて買い付けた香辛料を使用したという、本格派の担坦麺が人気のお店だ。

続きを全部読む

【穴場】九段下の裏道でサラリーマンでごった返す四川料理『芊品香』を発見 / 山椒とパクチーが最強の「麻辣刀削麺」が絶品すぎた

初めての飲食店に入るとき、そのお店のことをネットで下調べする人は多いハズだ。評価が高ければ安心して入れるし、低ければためらってしまう。だが、評価が低い店の中にも激ウマ店が存在することを忘れてはいけない。

今回ご紹介する、東京は九段下の四川料理『芊品香(センピンシャン)』はまさにそんなお店で、残念ながら大手飲食店検索サイトでの評価は決して高くない。……が! 味はマジで最高!! 特に「麻辣刀削麺」は、山椒とパクチーが無双しまくりの絶品だったのだ。

続きを全部読む