「小惑星」にまつわる記事

ウンコのような形の小惑星が太陽系外から飛来! NASA発表「私たちの太陽系付近には見られない形で、遠くの星系からの訪問者」

科学の発達した現代においても、いまだほとんど解明されていない宇宙。私(中澤)は、空を見上げる度に、宇宙がその先に広がっていることを信じられない気持ちでいっぱいになる。SFの世界である宇宙と私のいる日常が繋がっている実感が持てないのだ

それだけに、宇宙のニュースはSFを読んでいる気分で見ているのだが、アメリカ航空宇宙局「NASA」がSFもビックリの発表をした。太陽系外から飛来したという小惑星……その姿はまるで見慣れたアレじゃないか! 事実はSFより奇なり!!

続きを全部読む

【生中継】間もなく13時22分に打ち上げ!! 「はやぶさ2」打ち上げの様子がライブ配信されてるぞ~ッ!

2010年、地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」から帰還した、小惑星探査機「はやぶさ」。その後継機「はやぶさ2」が、本日2014年12月3日に打ち上げられる。

再び偉業を達成するのではないかと、期待に胸を膨らませている人も多いと思う。その打ち上げの様子が、JAXAのサイトとYouTube、そしてUstreamでライブ中継されてるぞ~! 打ち上げは間もなく! 13時22分だ!!

続きを全部読む

これが地球の姿!? 40億年前 “冥王代” の地球は「炎と水の星」だった可能性があると発表される

半分は青い海をたたえ、もう半分は火の海が広がっている惑星……この「穏やかさ」と「地獄のような一面」を併せ持つ写真は、一体どこの星の姿なのだろうか? 実はこれ、約40億年以上前の地球の姿と考えられている図なのだ。なんとも不思議な光景だ。

このイメージ写真を公開したのは、「約40億年以上前の地球の表面に小惑星衝突が与えた影響」の研究を行っているNASA率いる国際研究チームだ。なぜ、地球はこのような姿をしていたのだろうか?

続きを全部読む

6月1日午前5時巨大な小惑星が地球に最接近! その様子をNASAがライブ中継するぞ~

2013年2月、ロシアのチェリャビンスク州に隕石が落下しました。その影響で1000人以上が負傷し、被害総額は約30億円にもなりました。これは、隕石が原因と確定している、初めての大規模災害と言われています。

・直径2.7キロメートルの小惑星
このときに飛来した隕石は、直径17メートルでした。それをはるかに上回る大きさの小惑星が6月1日午前5時59分、地球に最接近します。その大きさはなんと直径2.7キロメートル。もし仮に、これが地球に衝突するようなことがあれば、全地球的な災害が起こるというのです。

続きを全部読む

ネットユーザーがGoogle Earthで小惑星を発見か!? 宇宙で緑色に光る謎の物体の存在に物議

海外のネットユーザーがGoogle Earth(最新版に組み込まれた天体観測機能「Google Sky」)で “小惑星を発見した” として、いま世界から注目を浴びている。

新たな小惑星の存在を主張しているのは、「planetkrejci」と名乗るYouTubeユーザーだ。「Huge Asteroid Moving Towards Earth found on google sky」というタイトルの動画をアップしたことにより、この人物の発見が話題を呼ぶこととなった。

続きを全部読む

人類ピンチ!? 2040年に小惑星が地球に衝突するかもしれない

現在、ある小惑星が地球に向かっているらしい。なんと下手すれば2040年2月5日前後に地球に衝突する可能性があるそうだ。

今年が2012年。たった28年後のことである。人類滅亡の予言は多々あるが、私たちが生きている間に、本当に人類滅亡の危機を迎えてしまうのだろうか。

続きを全部読む

2011年11月8日、巨大な小惑星が地球に超接近!

今月初め、小さな宇宙ゴミが国際宇宙ステーション(ISS)に危険なレベルまで接近するということを受け、ISSの乗組員は一時、脱出用宇宙船への緊急避難を検討しなければならなかった。中国の衛星破壊実験で生じたこの約15センチほどの宇宙ゴミは、結局ISSからわずか6キロメートルのところを通り過ぎていったが、この一件で宇宙科学コミュニティは、宇宙ゴミの危険さを思い知ることとなった。

しかし、2011年11月8日、なんと同じ様な現象が地球でも起きるというのだ。しかも今度は15センチの宇宙ゴミではなく、直径約400メートルもある巨大な小惑星だという。

続きを全部読む

NASA、2025年までに小惑星に宇宙飛行士を送る計画を発表

3月の終わりのこと、NASAは2025年までに宇宙飛行士を小惑星に着陸させる計画を発表した。オバマ大統領は昨年、「2025年までに小惑星、そして2035年頃には火星への有人往復飛行を成功させる」と述べているが、NASAの発表はどうやらそれに応じたもののようだ。

続きを全部読む

2010年2月、12カ国の研究機関からなる科学者チームは、約6550万年前の白亜紀末に恐竜などが大量絶滅したのは、メキシコ・ユカタン半島で衝突した小惑星の衝撃が原因と結論した。

科学者チームの計算によると、直径10~15キロメートルの隕石が秒速20キロで当時浅海だった地表に衝突。エネルギーは広島型原爆の約10億倍に相当し、大気中に拡散した大量のちりが太陽光を遮断した。光合成を行う植物などが死滅した結果、食物が減少し恐竜も絶滅に追い込まれたと考えられている。

恐竜絶滅の原因となった直径10キロ以上の隕石が落下する確率は数億年に1回と言われているが、ここで紹介する画像を見たら、まだまだ先の話だと安心していられるだろうか?

続きを全部読む