「寝坊」にまつわる記事

【二度寝の科学】「あと5分」は禁物! 二度寝は余計眠くなる

人類の素晴らしい発明のひとつ、目覚まし時計。アラームのない時代って一体どうやって起きてたの!? というくらい、目覚まし時計は我々の生活に不可欠な存在だ。

特に「あと少しだけ寝させて……」という時に、解除するまで一定間隔で鳴り続ける「スヌーズ」は実に便利な機能である。眠い朝の二度寝の5分間は、まさに至福の時だ。しかし5分、10分と引き延ばして寝ることで、実際に起きるのは楽になっているのだろうか?

答えはNOである。科学的に見ると、二度寝は布団から出るのをさらにつらくしてしまうという。

続きを全部読む

【コラム】なぜ人は寝てはいけない状況で爆睡しているのを他人に「寝てたでしょ!」指摘されたとき「寝てないよ」と言ってしまうのか

寝てはいけない状況というものがある。いや、正確には「ちゃんとコトを済ませたら寝ていい状況」なのだが、時として電気やエアコンををつけっぱなしにして爆睡してしまったり、やらなければならない仕事があるのに爆睡してしまったりすることがある。

そんな状況を、カーチャンや同居人が発見すると、決まって即座に「寝てたでしょ!」と言う。事実、寝ていた。その通りなのだ。しかし当の寝坊助は、とっさに「寝てないよ」や「起きてるよ」と返してしまうのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【コラム】なぜ人は寝坊したとき「急げばギリギリ間に合うタイミングで目が覚める」のか

人は時に寝坊する時がある。あまりにも布団が気持ちよくて、ついつい二度寝なんかもし、予定起床時間に起きられないのである。しかし、いつかは目が覚める。そして時計に目をやると……!!

完全に間に合わないか間に合うかビミョーすぎるギリ中のギリギリ時間。いわば、「ひとつもミスしなければギリギリ間に合うタイミング」なことが、たま〜にあるのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【二度寝】JR西日本「六地蔵駅」の営業開始が遅延した原因が正直すぎて和むと話題に

誰にでも失敗はある。そして、誰でも寝坊するときはある。さらに寝坊だけではなく、一度は起きたがもう一度寝てしまう「二度寝」することもよくある話だ。そして二度寝は気持ちいい。

2012年10月29日、JR西日本・奈良線の六地蔵駅の営業時間が遅れるという事象が発生した。JR西日本は公式サイトのプレスリリースにて、その事柄の詳細をまとめているのだが、営業時間が遅れた「原因」があまりにも正直すぎると話題になっている。

続きを全部読む