気温は氷点下、数日前には積雪1mを記録するなど厳しい寒さが続く韓国で、上半身裸の男たちが一斉に冬の海へ飛び込んでいく。画像を見るだけでも鳥肌がたちそうな光景だ。そして、よく見ると、みんな引き締まった良い体つきなのだが、彼らは韓国サッカーリーグ「Kリーグ」の江原FC(カンウォンFC、ホームタウン:江原道、監督:チェ・スンホ)所属の現役選手たち。今シーズンの開幕を10日後に控え、何より体調管理を優先すべきこの時期に、寒中水泳とは何とも大胆。だが、これには大きな理由が隠されていた。

続きを全部読む