「富豪」にまつわる記事

【衝撃】一度も会ったことのない人たちから突如として謎の年賀状が届く → 一気に富豪になった話

正月返上でお送りした怒涛の福袋特集も無事に終わり、当編集部では今週から通常業務が始まっている。さて、月曜の朝に会社に来ると、私(あひるねこ)のデスクの上にハガキが数枚置かれていた。どうやら年賀状のようだ。

そういえば福袋にかかり切りだったせいで、ポストを見るのをすっかり忘れていたな。送り主はきっと仕事関係の方々だろう。そんなことを考えながらハガキを手に取ってみたところ……ん? 差出人の名前がない? ていうか……な、何だこの年賀状はァァァァァアアア!

続きを全部読む

【検証】超金持ちになるために17年前の雑誌の『エミールホルダー』通販に購入希望ハガキを送ったらこうなった!

以前の記事で、30年前の雑誌の通販広告に商品の購入希望ハガキを送ったことについてお伝えした。その商品「ヒランヤ・ペンダント」の販売会社は、現在も業務を継続して行っており、無事に商品を購入することが出来てしまった。まさか商品が本当に届くとは……。

そこで、17年前の雑誌に掲載されていた通販会社にも、購入希望ハガキを送ってみることにした。きっと30~40代の男性は、1度はこの広告を見たことがあるはず。富豪と呼ぶにふさわしいアノ男の広告だ。この商品「エミールホルダー」を買えば、私(佐藤)もギャンブルの帝王になれる! そう信じてハガキを投函してみたぞ!

続きを全部読む

燕尾服を着ない意外な理由とは? 謎多き職業「執事」について本物の執事にいろいろ聞いてみた

お金持ちのシンボルとして見られることの多い「執事」。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。

ということで、執事とはどんな仕事なのかを知るべく、執事歴8年の新井直之(あらい なおゆき)さんにインタビュー取材をしてみた。新井さんは現在、自身でも執事の仕事をしながら執事サービスを提供する会社を経営しており、『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という本まで執筆している。

その執事のエキスパート新井さんに執事がどのような仕事をし、どのような生活を送っているのかなど様々な質問をぶつけてみた。すると、とても興味深い答えが次から次へと返ってきたのだ。その気になる答えは、以下の通りである。どうぞ!!

続きを全部読む