「密輸」にまつわる記事

【密売人のド根性】メキシコ国境で「大麻を打ち上げて密輸するためのバズーカ」が押収される

アメリカとメキシコは陸続きになっているため、不法移民や違法薬物の流入が後を絶たない。それを解決しようと、米国のトランプ大統領が国境に “万里の長城” を築く計画を進めようとしているのは、よく知られた話である。

ただ、強化されつつある取り締まりにメキシコのドラッグ密輸組織も負けじと対応。過去に大麻を放り込む巨大なパチンコ装置が発見されることがあったが、今度はなんと「大麻を打ち上げて密輸するためのバズーカ」が押収されたというのである! これぞ密売人のド根性!!

続きを全部読む

【喝】欧州帰りの女子大生(21)がホットドッグに大麻を挟んで密輸しようとして逮捕された件についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

ここ最近、密輸に関するニュースが世界を賑わせている。肛門に金の鎖(×4)を隠したり、肛門に黄金(600グラム)を隠したりと、古典的な手法「肛門系」が多発中。世界中の税関職員たちの意識は肛門に集中しているといっても過言ではないだろう。

そんななか、欧州帰りの日本の女子大生(21)が大麻の密輸容疑で逮捕された。おそらく誰もが「女子大生も肛門に……いや、もしくは……!!」と妄想したと思われるが、彼女が大麻を隠していたのは肛門ではなく、残念ながらホットドッグだったという。

しかし、このニュースを知った某ドラッグ事情通は、悲しむどころか怒っていた。

続きを全部読む

不審な男、尻から黄金が出て摘発へ

2017年6月、愛知県で発覚した主婦5人による金塊の密輸事件。密輸だなんて大それたことを、一般人が “割のいいバイト感覚” でやってしまうものなのかと、衝撃と共に話題となったものだ。

そして、また金塊の密輸事件が起こったという。今回は未遂で済んだというのだが、別の意味で、衝撃的な事件であった。

続きを全部読む

「あり得ない場所」に約1キロ分の金を隠して密輸しようとした男が逮捕される

違法薬物の密輸でも、今年日本でも話題になった金塊密輸でも、違法な動物の密輸でも、何かを密輸しようと思ったら、どこかに隠さなければならない。密輸を企てる犯罪者たちは、今日もどこかで新たな隠し場所を考えていることだろう。

そんななか、ある男が「あり得ない場所」に約1キロ分の金(きん)を隠して密輸しようと目論み、あえなく逮捕されてしまったという。彼は一体、どこに金を隠していたのだろうか!?

続きを全部読む

LSD輸入で逮捕された無職の「大麻バターじいさん(67)」についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

なにやらブッ飛んだニュースが飛び込んできた。神戸新聞によると、「大麻バター」を作って食べていた無職の男(67歳)が逮捕されたのだという。文字だけを見ると意味不明なので、ソレ系の事件に詳しい人物に話を聞いてみることにした。

謎の大麻バターじいさんについて話をしてくれたのは、毎度おなじみ、正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼さんである。一体全体、大麻バターとは何なのか? そして、それって美味いのか? 教えてください、ぼくらのボブさ〜ん!

続きを全部読む

【マジか】背中に約200粒の「違法ドラッグ」を積んだ鳩が保護される / 国境を越えた密輸に使われた模様

最近は、違法薬物の密輸に無人航空機のドローンが使用されたり、国境の壁に大麻を放り込む巨大なパチンコが設置されたりなど、アっと驚くような方法が登場している。

そんななか、背中に200粒近くのドラッグ「エクスタシー」を積んだ鳩が保護されたという。どうやら、遠隔地から手紙を運んでいた伝書鳩の帰巣本能を利用して、国境を越えた密輸に使われたようなのである。

続きを全部読む

パイナップルに入れたコカイン2.5トンの密輸方法が実に豪快! パッと見はシャーベットみたいで美味しそう~!!

ドラッグの密輸で巨額を稼ぐ麻薬組織は、なんとか税関職員の目を誤魔化してブツを密輸しようと、あれやこれやと試行錯誤を繰り返しているようだ。

そんななか、パイナップルに入れたコカインの密輸方法が、実に豪快だとネットで話題になっているので紹介したい。パッと見は、パイナップルを丸ごと固めたシャーベットのようで、なかなか美味しそうなのである!

続きを全部読む

美女2人が240億円分ものコカインと共に世界中をクルーズ! その豪遊っぷりを投稿したインスタがマジすごい!!

なにかと女性は、危険な香りがするバッドボーイに惹かれがちだが、男性だって魔性の女に弱いものである。

では、麻薬の運び屋をやっているモデル級の美女と出会ったら、世の男性の皆さんはどんな反応を示すだろうか!? 240億円相当ものコカインをバッグに詰めて、世界中をクルーズして豪遊していたという美女達が、ネットで話題をさらっているというので紹介したい。彼女達の美女っぷりがハンパないぞ!!

続きを全部読む

【気になってた】中国税関が没収した iPhone6 の行方が明るみに  / 税関の公開オークションに登場! 1台あたり8万3000円で落札される

以前の記事で中国で iPhone6 の密輸事案をご紹介した。その方法はコッソリ船で持ち込んだり体に巻きつけて税関を突破しようとするなどさまざまだ。そんなモンスターと地道に戦い、成果をあげている税関はグッジョブであろう。

だが、きっと皆さんも気になっていると思う。「没収された iPhone はどこへいくのか」と! 先日、中国でも “その答え” が話題に。というのも、2014年9月の発売以来初めて、iPhone6 が税関プレゼンツの公開オークションに出品されたのである!

続きを全部読む

バレないとでも思った!? 中国の iPhone密輸の手口が2015年になっても相変わらずな件 / 体中に iPhone94台を巻きつけて税関を突破しようとする

先日、香港と中国大陸を結ぶ税関で、ロボットみたいにカクカク歩く怪しい男が発見されたそうだ。怪我をしているわけではなさそう。さらに服装はジャージ、荷物はビニール袋2つと妙なオーラを醸している。

不審に思った税関職員が別室で調べたところ、出るわ出るわ iPhoneの山! 合計94台もの iPhoneを体中に巻きつけて入国しようと企てていたのである。その量、そして2015年にもなって相変わらずな稚拙な手口に注目が集まっているのだ。

続きを全部読む

空港に不審なおっぱいの女性が現る→おっぱいに傷口を発見→中から大量のコカインが出てきた!

行われる麻薬・覚せい剤の密輸手口の巧妙化が止まらない。また、驚くべき手口が発覚したそうだ。

スペインの空港で入国審査中に挙動不審な女が発見されたそうだ。別室で検査を行ったところ、彼女の胸部もなんだか不自然。調べたところ、女は豊胸用のシリコンバッグのようにコカインを胸部に埋め込んでいたのである。

続きを全部読む

【裏世界暴露マンガ】裏ペット業界と動物密輸の実態にガチで迫った衝撃の実録マンガ『裏ペット業界のニコニコ動物密輸大作戦』

動物密輸は世界的な問題であり、許されざる犯罪である。にも関わらず、希少動物の密輸で捕まっている人は後を絶たない。それはなぜか? それら動物を求める人がいるからである。

「実はペット業界はドス黒い」。こう証言してくれたのは、実際に密輸したこともあるし、裏ペット業界の暗部をこれでもか!と見続けた、一人の匿名裏ペット業界人である。

続きを全部読む

女子高生がiPhone計25台を密輸! その手口が稚拙すぎると話題に

1997年、香港は99年ぶりにイギリスから中国に返還された。この99年間、2つの地は全く異なる歴史を歩み、現在でも香港は中華人民共和国の一部ではあるが特別行政がしかれ、大陸と香港の行き来には通行証が必要だ。地元住民の往来は多いとは言え、税関もあり、まるで外国に行くようである。

ある一人の女の子が自転車を押して香港から大陸側の広東省深セン市に入ろうとした。これ自体は日常の光景だ。だが税関職員が違和感を感じ、ボディチェックをしたところ……服の下にiPhone25台を体にぐるぐる巻きに貼り付けていたのである。量の多さ、そしてあまりに稚拙な密輸方法に注目が集まっている。

続きを全部読む

パンツの中に鳥を入れて密輸しようとした男

ブラジルの北側に国境を接するガイアナ共和国で、動物の密輸未遂事件が起こった。今回、密輸されそうになったのは長い口ばしが愛らしいハチドリ。
容疑者の男性はなんと自分のパンツの中にハチドリを生きたまま入れて密輸を試みようとしていたのである。

事件が起こったのは南アメリカのガイアナ共和国の首都空港。怪しい男性が税関に現れた。任意の身体検査を行ったところ、なんと男性のパンツの中からハチドリが保護されたそうだ。

続きを全部読む

慢性的な財政赤字に避けられない消費税の引き上げ、さらには高齢化社会に伴う年金問題など、誰もが日本の経済に明るい見通しを立てられず、将来に不安を抱く今日この頃。海外のサイトで紹介された儲かる犯罪トップ10が話題となっている。

どれもこれも、極悪度満点、地道に働くことが馬鹿らしくなってしまうが、どれも犯罪行為なのでけっしてやってはならない。もちろん、この記事を読んだ結果、うっかり魔がさして罪を犯してしまっても、そして一生を棒に振るような結果になったとしても、一切責任は負えないのであらかじめご了承いただきたい。
 
続きを全部読む