「実写」にまつわる記事

【炎上】Netflixが実写版『カウボーイビバップ』の配信を発表し海外ファンがブチギレ「やめろ!」「ああもうネットフリックス最悪」

アニメの実写化って誰得なんだろうか。ファン? それとも、映画関係者? 日本で非難の声が多いアニメ実写化だが、海外でもやはりファン感情は似たようなものなのかもしれない。

以前の記事でアニメ『カウボーイビバップ』が実写化されることをお伝えしたが、2018年11月28日、Netflixで配信されることが発表された。この発表に海外ファンから非難が殺到しているためお伝えしたい

続きを全部読む

原作ファンブチギレ炎上の実写映画『がっこうぐらし!』、予告編が公開され火に油かと思いきや「思ってたよりいい」の声

良くも悪くも話題を集めるアニメやマンガの実写化作品。様々なデフォルメがされた2次元の世界観を実写で完全に再現するのは難しいため、話題作ほど原作ファンからディスの声が吹き荒れる。中でも、ここ最近で一番炎上した実写化と言えば『がっこうぐらし!』だろう

場面写真が公開された際にはネット上が阿鼻叫喚となった本実写映画。この度、ついに予告編動画が公開された。これは火に油か? と思いきや、「思ったよりいい」という声もあがっている。

続きを全部読む

【動画あり】実写版『シティーハンター』の再現度が半端ねェ! フランス人ボディビルダーが演じる海坊主が「想像以上に海坊主」と話題に!!

男なら一度はアスファルトタイヤを切りつけたい。アニメ放送30周年を迎えた『シティーハンター』。新たな劇場版の制作も発表されている中、フランスで実写映画のPVが公開され話題になっている

フランス放送時の名前『Nicky Larson』と題されたその映画。もちろん役者はフランス人が担当しているのだが……海坊主がガチすぎる

続きを全部読む

【こっちにおいでよ】実写版くまのプーさん『プーと大人になった僕』の色彩がダークすぎて「あの世の光景みたい」と話題に!

2018年9月14日に日本公開されるくまのプーさんの実写映画『プーと大人になった僕』。プーさんが大人になったクリストファー・ロビンと再会するという内容で、ファンからは早くも注目を集めている。そんな中、2018年5月25日にYouTubeで特報動画第2弾が公開された。

自由自在に動きまわるリアルプーさんとぬいぐるみ仲間たちがファンシー……かと思いきや、色味がダークすぎて「あの世の光景みたい」と話題に! 「100エーカーの森」の仲間たちが呼んでいる。「こっちにおいでよ……」と。

続きを全部読む

【衝撃】舞台『ハイスクール! 奇面組2』のキャストが激似すぎィィイイイ! 実写化反対派も「ゼウスが創造したのかな?」と勘違いするレベル!!

世の30代から50代のおっさん諸君。あなたは「ハイスクール! 奇面組」を覚えているだろうか? そう、黄金期と呼ばれた1980年代の少年ジャンプに連載されていた伝説のギャグマンガのことである。1985年にはアニメ化され、主題歌を「うしろゆびさされ組」が担当していたことをご記憶の方も多いハズだ。

そんな「ハイスクール! 奇面組」が2017年、密かに舞台化していた……! お恥ずかしながら記者は1年も気付かなかったのだが、そのキャストが激似すぎィィィイイイイ!! 2018年8月から始まる舞台『ハイスクール! 奇面組2』でも、似ているにも程があるメンバーたちが再集結するぞ。

続きを全部読む

【あるある】実写映画『るろうに剣心 伝説の最期編』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと45連発!

漫画の実写映画の中でも屈指の完成度を誇る『るろうに剣心』シリーズ。佐藤健さん、藤原竜也さんなど豪華な俳優陣が見せるガチなアクション&殺陣シーンは必見だ! 先週放送された『京都大火編』も大きな話題を呼んだでござるよ。

そして本日2018年4月6日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて3部作の完結編『るろうに剣心 伝説の最期編』が放送されるぞ。前回に引き続き、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを「あるある形式」でご紹介するでござる! もちろん時系列通りに書いてあるので、テレビを見ながら読むでござるよー!!

続きを全部読む

【あるある】実写映画『るろうに剣心 京都大火編』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと45連発!

何かと酷評されがちな漫画の実写映画。配役が合ってないとか、ストーリー省略しすぎとか、大体ボロカスに叩かれてしまうものだ。そんな中、稀有(けう)な成功例としてよく名前が挙がるのが、佐藤健さん主演の『るろうに剣心』シリーズでござる。実は拙者(あひるねこ)、原作の大ファンなのでござるよ。

ちょうど本日2018年3月30日は、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて第2部にあたる『京都大火編』が放送されるとのこと。そこで、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを「あるある形式」でご紹介するでござる! 時系列通りに書いてあるので、テレビを見ながら読んで欲しいでござるよ。

続きを全部読む

【なぜ?】橋本環奈さん「移動中にジャンプ読んでます」→ 非難殺到「削除求めます!」「ジャンプ読者失格」

人呼んで「1000年に1人の逸材」橋本環奈さん。実写映画『銀魂』でヒロインの神楽を務めたことでも話題になった。そんな橋本さんが、「移動中にジャンプ読んでます」とツイートしたところ、Twitter民から非難が殺到。一体なぜ?

続きを全部読む

【知ってた】漫画好きにアンケートをとった結果 →「漫画の実写化は嬉しくない」が4割 / 逆にもっとも高評価な実写映画は納得のあの作品だった!

日本映画界で連発される漫画の実写映画化。愛情とリスペクトを込めて作られるならいいが、本当に原作見たの? と言いたくなるようなお粗末なシナリオと、政治が見え隠れする謎の人選により、芸能人コスプレ大会と化している作品も少なくない。まさに誰得、というやつである。

今回、大日本印刷 (DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトが、 全国の10代から40代男女400名を対象に「漫画の実写映画化に関する調査」を実施したところ、漫画ファンの複雑な本音が明らかになった。賛否が分かれる漫画の実写化、あなたならどう思うだろうか?

続きを全部読む

【奇跡】実写映画『BLEACH』の朽木白哉がクオリティー高すぎてネット称賛「完成度高すぎてちょっと絶句」「なぜルキアもそうしないの…」

少年ジャンプの王道バトルマンガ『BLEACH』。死神の世界と人間界を描いた壮大な本作が、実写映画化されることは以前の記事でお伝えした。主役2人のビジュアル公開と共にネットでは非難の嵐が吹き荒れていた

そんな実写映画『BLEACH』が2018年3月9日に新キャストを解禁。また、非難の嵐かと思いきや、朽木白哉のクオリティーSUGEEEEEEEE! 逆に笑った。

続きを全部読む

【悲報】実写映画『BLEACH』に海外ファンが言葉の壁を壊すレベルで激怒「FUUUUUUUUUUUCK!!!!!!」

なんだか日本映画業界で流行っているっぽいアニメやマンガの実写化。明らかに無理めな作品が次々と実写化され、その度に批判の声があがっている。次はどうやら『BLEACH』か

2018年7月20日に公開が発表された実写映画『BLEACH』。本作の実写化はすでに発表されていたが、この度新たにビジュアルが解禁されたことにより、再度アニメ実写化を問う声が殺到している

続きを全部読む

【悲報】実写映画『鋼の錬金術師』の1シーンがショボすぎて「ファンのコスプレ」と勘違いされる

毎回、賛否両論を巻き起こすマンガやアニメの実写化。『ちはやふる』などの現実的な世界観の作品ならともかく、明らかに実写では無理めな強固な世界観を持つ作品には、原作ファンから批判の声が飛ぶことも多い。

2017年12月1日に公開される実写映画『鋼の錬金術師』もそんな作品の1つ。大ヒット作であるだけに、実写映画化を発表した直後から物議をかもしているこの作品。全国ロードショー2日前にして、公開されている1シーンがとんでもない誤解を生んでいたためお伝えしたい。

続きを全部読む

【悲報】かっぱ寿司が実写版『鋼の錬金術師』とコラボ → メニュー名が無理矢理すぎると話題に

回転寿司チェーン「かっぱ寿司」が、2017年12月1日より公開される映画『鋼の錬金術師』とコラボをしていることで話題になっている。……のだが、何やら様子がおかしい。どうやら多くのファンは、そのメニューのネーミングに注目しているようなのだ。

一体どういうことなのか。普通は内容が大事なんじゃないの? そこで話題になっているコラボメニューをチェックしてみたところ、「あ~そういうことか……」となった。一言で書くと、あまりにも無理矢理すぎるのである。

続きを全部読む

【衝撃】Twitterで『がっこうぐらし!』が話題! 実写映画化という情報 / アニメ2期じゃねえのかよぉぉぉぉぉ!! 掲載誌の最新号で正式発表らしい

したいから、したいなら、したいとき、したいでしょー……と言えば『がっこうぐらし!』だ。

2012年に漫画の連載が始まり、2015年にアニメ化。第1話放送時、「ゆるふわ萌え萌えJKの日常系アニメ」と見せかけて最後の1分で視聴者を絶望のドン底に陥れた伝説のゾンビアニメである。マジであれにはやられた……。

そんな『がっこうぐらし!』がTwitterのトレンドに! ついに……ついにアニメ2期の制作発表かァァァァッァ!? ワクワクして見てみたところ、まさかの実写化情報だった。嘘でしょーッ!?

続きを全部読む

【正直コラム】岡崎京子の『リバーズ・エッジ』実写映像を見て原作ファンが思ったこと

突然だが、青春って何だと思う? 青春マンガはキラキラしてるけれど、私(中澤)の青春時代にキラキラしたものはほとんどなかった。したがって、私にとって青春は焦燥である。周りに溶け込めない焦り、普通にならなければいけない焦り。

岡崎京子の青春マンガ『リバーズ・エッジ』には、そんな “焦り” が詰め込まれているように思う。キラキラせずにただただ突き刺さる青春。実写映画化が発表されているこの作品の特報が、2017年11月10日に解禁された。これを見て原作ファンが思ったことを正直に述べたい

続きを全部読む

【ファッ!?】映画『鋼の錬金術師』のポスターが公開され変な風に話題 / ネットの声「大泉洋が大泉洋すぎる」「大泉洋は大泉洋役なのかな?」など

2017年12月1日、大人気漫画『鋼の錬金術師』が実写版映画として公開される。「銀魂」や「ジョジョの奇妙な冒険」と並び漫画原作の実写映画としては話題の同作だが、9月4日、初のビジュアルポスターが公開され “変な風に” 話題となっているのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【ネタバレなし】実写映画『銀魂』で原作者の空知先生が選ぶおすすめポイント11選「小栗くんのアゴ芸」「佐藤二朗」

現在、大ヒット公開中の実写映画『銀魂』。小栗旬さんや橋本環奈さんなど豪華キャストのイメージを覆す熱演・怪演っぷりが話題を呼んでおり、アニメ原作としては異例の盛り上がりを見せている。

そんな中、実写版『銀魂』のTwitterアカウントで、原作者である空知英秋先生が選ぶ「おすすめポイント11選」が公開されていたためお伝えしたい。

続きを全部読む

【完コピ】実写映画『鋼の錬金術師』でクオリティー高すぎなキャラが発見される / 原作ファン「原作に忠実」「○○がクソ可愛い」

近頃グッと増えたマンガ・アニメ作品の実写化。個人的には、テクノロジーの最先端を表現に駆使するのは大賛成だが、2次元の強固な世界観を表現しきれずファンの反感を買う例は多い。

以前の記事でご紹介したが、実写化キャストのビジュアルが解禁されたダークファンタジー『鋼の錬金術師』にも批判が殺到している。そんな中、唯一完璧にキャラ作りに成功しているキャストが発見されたのでお伝えしたい。完コピすぎィィィイイイ

続きを全部読む

【悲報】実写映画『鋼の錬金術師』、キャスト発表と同時に批判殺到「拒絶反応が…」「まだ声優やアマチュアのコスプレのほうがクオリティ高い」

マンガもアニメも大ヒットを記録した『鋼の錬金術師(ハガレン)』。本作は、19世紀のヨーロッパをモチーフに、旅する錬金術師兄弟エドとアルの絆を描く壮大なダーク・ファンタジーだ。

2017年7月13日、そんな『ハガレン』の実写映画版のメインキャストが発表されたのだが……発表直後から批判が殺到しているのでお伝えしたい。無理めなところにチャレンジしすぎィィィイイイ!

続きを全部読む

【炎上】アニメ『カウボーイビバップ』の実写化に海外で非難の声多数「絶対にいらない」「やめて、ビバップに触れないで」

宇宙で活躍する賞金稼ぎを描いた近未来SFアニメ『カウボーイビバップ』。地上波で最初に放送されてから20年近くが経つが、そのハードボイルドな世界観と圧倒的なクオリティーで世界的に根強いファンの多い作品だ。実は私(中澤)は、最初の地上波からのファンである。

見たこともないレベルの「大人な雰囲気」に、16歳だった私は完全にノックアウト。今でも最も好きなアニメだ。そんな『カウボーイビバップ』がアメリカでテレビシリーズとして実写化されるという。マジかよ! あんなの実写で再現できんの? しかし、アメリカならあるいは……

そう思い、海外の人がどう受け止めているか調べてみたところ……めっちゃ燃えてた

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2