「孤児」にまつわる記事

ミッキーが孤児に「養子縁組が決まったこと」を伝えるサプライズ! ディズニーの感動動画に目頭が熱くなること間違いナシ!!

生まれた時から両親がいて何不自由なく育った子供にしてみたら、いつも一緒にいる親が当たり前の存在になり、ありがたみを忘れてしまうこともあるだろう。

だが、孤児として育った子供たちにとって、無償の愛を注いでくれる親は夢に見る存在だ。そんな孤児に、ディズニーワールドでミッキーが「養子縁組が決まったこと」を伝える動画が、ネットで大きな話題となっている。この動画を見たら、絶対に目頭が熱くなってしまうぞ!

続きを全部読む

「黒魔術師だから」と捨てられた2歳の少年 / 保護から1年後の元気な姿に再び注目集まる

2016年、ナイジェリアで撮影された1枚の写真が世界中を震撼させた。ある女性が、痩せこけた2歳の少年を保護している場面が収められているのだが、少年は「黒魔術師だから」と家族に捨てられ、ゴミを漁りながら1人で生きてきたというのだ。

あれから1年。この少年が再びネット上で注目を集めている。しかし今回は、いかに少年が元気になったかに多くの人が驚いているのだ。

続きを全部読む

タイ生まれの「脚を持たずして生まれてきた女性モデルの半生」に感銘を受けること間違いナシ!! 現在はパラリンピックに向けてトレーニング中!

五体満足で生まれてきても、どれだけ自分が恵まれているか自覚できずに、ちょっとしたことで不平不満を言ってしまう人間は少なくない。

そんな我々を感化して、気持ちに喝をいれてくれること間違いナシの女性がいるので紹介したい。脚を持たずして生まれきた女性がモデルの仕事を始めて、スポーツも得意な彼女は、現在パラリンピックに向けてトレーニング中だというのだ。

‟脚がない” というハンデをもろともせず、前向きに努力を続ける彼女の半生からは、きっと学べることがあるのではないだろうか。

続きを全部読む

“親を失ったカンガルー” がテディベアをギュッとハグ! その写真に世界も心をギュッと掴まれた!!

今、1匹のカンガルー写真が、世界の涙を誘っている。それは……テディベアをギュッと抱きしめるカンガルー! ああ! その姿に、一瞬にしてこちらの心もギュッと掴まれてしまうではないか!!

その上このカンガルーは、赤ちゃんの頃に拾われ、人間の手で育てられたのだとか。ああ……人間の勝手な涙かもしれないが、許しておくれ。そんな背景を知ってしまうと、勝手に目から汗が流れてしまうんだ……。

続きを全部読む

死んだ母親に寄り添って離れない小ゾウの姿に涙! そして小ゾウを保護した救出チームのニュースに感動!!

ゾウの寿命は人間と同じくらいで、家族で群れを作り子供をしつける。そして仲間が死ぬと死体をなでたり土をかけたり、まるでお葬式のような儀式をすることでも知られている。そんな何かと人間と共通点の多いゾウだが、死んだ母親に寄り添って離れない小ゾウの姿と、小ゾウを保護した救出チームのニュースが大きな感動を呼んでいるのである。

続きを全部読む

孤児院から養父母の家へ 子ども達の表情の変化をとらえた写真集 / ネットの声「子どもに必要なのは “普通” の家庭だ」

世界には、何らかの事情で保護者と一緒に暮らせない子どもが、1億3000万人以上いるといわれている。その彼らを一定の年齢まで擁護するのが孤児院だ。養子縁組がさかんな国では、新しい家族に迎えられるケースも多い。

ロシアのニュースサイトに、孤児院から養子として養父母の家に迎えられた子どもの変化をとらえた写真が紹介された。新しい家族を持ってから彼らの表情はみるみる豊かになっていく。家庭という環境が子どもにもたらす影響は我々の想像以上だ。とても考えさせられると話題になっている。

続きを全部読む

第二のスーザン・ボイル登場か! 5歳から一人で生きてきた韓国人男性に全世界が感動

オーディション番組でその才能を発揮し、一躍世界のスターとなったスーザン・ボイル。彼女の才能を見出したイギリスのテレビ番組「Britain’s Got Talent」は世界各地でリメイクされ、お隣韓国でも「Korea’s Got Talent」が先週の6月4日からスタートした。

そしてその初回の放送で、スーザン・ボイルを彷彿とさせる新スターが誕生し、現在世界中の人がその人物に注目している。その人物の名はチェ・ソンボン。彼は22歳の韓国人男性で、動画冒頭に映し出された彼は自信なさそうにふさぎ込んでおり、次のように心境を語った。

続きを全部読む

食糧難に苦しむ北朝鮮で「人食い人間出没」という怪情報が駆け巡り、国民を恐怖に陥れている。これは先月28日、韓国の民間団体が行っている対北放送「自由北朝鮮放送」が伝えたもので、黄海北道(ファンヘブクド)、江西(カンソ)郡一帯に人間を捕まえて食料にする人々が現れたという。

続きを全部読む