「姿勢」にまつわる記事

【腰痛予防コラム】こんな姿勢で座っていたら “腰椎ヘルニア” になった / 経験者が考える「腰に負担をかけた3つの原因」

足の小指をタンスの角にぶつけてしまったときの痛みを1とするならば、腰椎ヘルニアの痛みは200くらいある。間違いない。少なくとも、実際に苦しんだ私(筆者)の感覚としてはそうだ。未経験者にはわかってもらえないだろうが、あの痛みはマジのマジできつかった……。

そんなわけで今回は、過去に腰痛に苦しめられた私が、「アレをやったから、自分は腰椎ヘルニアになったんだ」と感じている原因を紹介したいと思う。もし、昔の私と同じことをしている人がいたら……近いうちに、痛みで眠れない夜を過ごす羽目になるかもしれないぞ。

続きを全部読む

『デスクワークによる体の不調』を軽くする7つの方法 「耳と肩のラインは真っ直ぐに」「腰枕を使う」など

デスクワークに就く人の多くが悩まされているという「肩こり」「目の疲れ」「足のむくみ」。長時間座っていることは体にとって大きな負担であり、これらの不調は体からの警告だと言われている。

しかし、どんなに体が重くても机から離れられないのがデスクワークのつらいところ。そこで今回は、海外サイト「Mashable」に掲載された『デスクワークによる体の不調を軽くする7つの方法』を紹介したい。ちょっとずつ試していけば、体が軽くなること請け合いだ!

続きを全部読む

スマホの使用による猫背が心臓病や呼吸疾患の原因に / 若い世代が最も危険との研究結果

とにかく便利なゆえ使い出したら手放せないスマホやタブレットだが、使用中は猫背になりやすく、カイロプロクター連合協会が「長い目で見ると心臓病や呼吸疾患を引き起こす可能性がある」との見解を発表している。特に生まれた時から、パソコンやデジタル機器に囲まれて育った若いネット世代が最も心配されるという。

続きを全部読む

あなたのタイプはどれ? 寝る時の姿勢から見えてくる「深層心理4タイプ」

みなさんは普段、どんな姿勢で寝ているだろうか? まっすぐ直立して眠っている? それとも丸まって眠っている? なぜそんなことを聞くのかというと、実は寝る時の姿勢で、あなたの深層心理が分かってしまうからだ!

その寝相心理診断を開発したのは、ボディーランゲージ専門家のRobert Phippsさん。Phippsさんは普段寝る時の姿勢を人々に尋ね、以下のような深層心理に関する診断結果を導き出した。ちなみに今回調査に協力してくれた人たちは、寝る時の姿勢はひとつに限らず、いくつ答えてもいいようになっている。

続きを全部読む