「妖怪ウォッチ」にまつわる記事

アプリ『妖怪ウォッチワールド』を約3週間プレイして感じた「良いところ」と「悪いところ」

妖怪ゲットだぜッ! ということで、2018年6月27日にリリースされたゲームアプリ『妖怪ウォッチワールド』。今回は、私(佐藤)が同ゲームを継続してプレイしている中で感じた「良い点」と、もう少し改善して欲しい「悪い点」についてお伝えしたいと思う。

大抵2週間くらいで飽き始めてしまう私が3週間も続けられるのには、「良い点」が関係しているのだ。

続きを全部読む

『妖怪ウォッチワールド』がVer.1.1.0にアップデート! 割と厄介だった「ARモード」が選択式になったぞ~ッ!!

位置情報と連動したスマホゲームといえば、「ポケモンGO」がその代表作といっていいだろう。これを追う形で、2018年6月27日に「妖怪ウォッチワールド」が登場した。ゲームの主旨は概ね同じ、モンスターを集めるか妖怪を集めるかの違いしかない。だが、ゲームの遊び方は大きく異なっている。

それはさておき、妖怪ウォッチワールドは7月12日の昼にアップデートを実施した。それにより、バトルの「ARモード」が選択式に変更になった。これで電車内でも堂々とバトルができるぞ~!

続きを全部読む

『妖怪ウォッチワールド』初期の立ち回りを詳しく解説 / 「妖怪の木」と「妖怪玉」をうまく使おう!

2018年6月27日にリリースされた、人気アニメ『妖怪ウォッチ』を題材にしたスマホゲーム「妖怪ウォッチワールド」。「ポケモンGO」と似ているとの声もあるようなのだが、実際にやってみると、そこまで似ているとは言えない。それよりも困ったことがある。

私(佐藤)は元の作品をよく知らないせいか、ゲームの進め方がいまいちわからない。ただ、1日プレイしてみてわかったこともあるので、序盤でつまずいている人は参考にして欲しい。どうやら、ポケモンGOのように外に出かけなくても、いろいろできるようだ。

続きを全部読む

『妖怪ウォッチワールド』で妖怪が1匹も出てこないって人は、○○をチェックしてみろ! 周りのプレイヤーも確認できるぞ~ッ!!

2018年6月27日、恵比寿で行われた『妖怪ウォッチ 5周年記念タイトル発表会』でガンホー・オンライン・エンターテイメントはスマホのGPS機能と連動したアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」を発表し、同日配信を開始した。

リリース直後から「ポケモンGO」と似ていると言われていたようなのだが、ポケモンGOの熱心なプレイヤーから言わせればそうでもないそうだ。妖怪ウォッチの予備知識ゼロの私(佐藤)も早速プレイしてみたのだが、全然妖怪が出てこない。あれ? 何か操作を間違ってる?

続きを全部読む

ポケモンGOに激似と話題の『妖怪ウォッチ ワールド』はそんなに似ているの? ポケモンGOのプレイヤーが比較してみた!!

2018年6月27日からアプリ『妖怪ウォッチ ワールド』の配信が始まった。『妖怪ウォッチ』といえば、子どもに絶大な人気を誇る作品なので、名前を知らない人の方が少ないだろう。圧倒的な知名度だけに、きっとネットでは大盛り上がり……と思いきや!

見つける集める取り憑ける──現実世界を舞台にした “位置ゲー” であることで、リリース直後から「ポケモンGOに激似」という声が上がっており、『妖怪GO』とまで言われている。えっ、そんなに似ているの? ということで2016年7月のリリースから毎日『ポケモンGO』をプレイしている筆者(私)が『妖怪ウォッチ ワールド』をやって比較してみた。

続きを全部読む

東京五輪マスコット最終選考3作品発表! 『ウ案』の2体がアレとアレに似ていると話題に / どう思うか周囲に聞いてみた

2020年開催の東京オリンピックまで残り1000日を切った。これからさまざまな準備が急ピッチで進められて行くことになるだろう。マスコットキャラクターの選考もそのひとつだ。

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は2017年12月7日、マスコットの最終選考に残った3案の発表を行った。ア~ウ案までの3案に、それぞれオリンピック・パラリンピック1体ずつ対(つい)になっているのだが、発表後にウ案が意外な形で話題になっている。一体なぜ?

続きを全部読む

ゲームアプリ『妖怪ウォッチぷにぷに』人気投票の1位がヤバい! ジバニャンはまさかの予選落ち!!

「ゆるキャラグランプリ」に代表されるような、人気投票は決して珍しくない。ゲームやアニメではよくあることであり、キャラの人気を計るうえで、非常に重要な指標となる。

ところが、もしその人気投票にゲームに関係ないものを持ち込んだら、どうなるのだろうか? いやいやゲームに関係ないのだから、人気投票に影響はないだろう。と思いきや……。アプリ『妖怪ウォッチぷにぷに』が、キャラとそれ以外で人気投票したところ、運営サイドもあきれるような結果となってしまった。なぜ、こうなったのか……。

続きを全部読む

10/18発売開始したファミマの「ジバニャンまん」の見た目がマジでヤバすぎ! 子どもが号泣するレベル!!

2016年10月18日、大手コンビニ「ファミリーマート」から妖怪ウォッチの中華まんの販売が開始となった。その商品とは、ジバニャンまん(チョコまん 200円)とトムニャンまん(塩肉まん 200円)である。

冬の定番である中華まん。これが人気キャラとコラボすることは珍しくない。とはいえ、その見た目が気になるので、実際に購入してみたところ……。おい、ジバニャンまんの見た目が怖すぎるやないか! こんなの子どもが怖がってギャン泣きするだろうがッ!!

続きを全部読む

【天才の発想】ドラゴンボールの「紙コップアート」がマジでヤバい! ドラえもんや妖怪ウォッチも完全に芸術レベル!!

紙コップ。その名の通り、紙で出来たコップのことである。BBQやお花見で活躍してくれるものの、紙コップはしょせん紙コップ……そう思っていた時期が俺にもありました……。

ところがどっこい世界には、いやこの日本には、紙コップを芸術レベルにまで昇華させてしまうスゴ腕職人が存在するのだ。きっとその動画を再生したら、見入ってしまうこと間違いなしの天才的なクオリティだぞ!

続きを全部読む

【動画あり】鹿児島実業高校の新体操部が見ているだけで楽しくなる「ようかい新体操」で観客を魅了

鹿児島実業高校、通称「鹿実」が今年もやってくれた。あれっ、野球部は甲子園ですでに敗退したはず……と思う人もいるだろうが、今回ご紹介するのは、鹿実は鹿実でも「新体操部」の方である。

鹿実の男子新体操部といえば、知る人ぞ知る有名な部活動。コミカルな演技でファンも多く、夏のインターハイになると話題になるのが彼らだ。そして今年も新体操部の季節はやってきた。『妖怪ウォッチ』のテーマソング「ようかい体操第一」をベースに演技。名付けて「ようかい新体操」を披露したぞ!

続きを全部読む

【懐かし動画あり】昭和から平成初期のアニメで実は同じ声優だったキャラクター

思い返せば、現在アラサーである私(筆者)の幼少期はアニメの黄金期ともいえる時代だったのかもしれない。1週間、月〜日曜日まで毎日、視聴するアニメに事欠くことはなく、しかも当時放送されていた作品は、今にも語り継がれる名作が目白押しだった。

なかには時々、あれ……? この声はあのキャラと同じ声?と思うことも。そして私は気づけば、エンドロールの声優をチェックする癖がついていた。そんなテレビっ子だった私が知る限りの、中の人同じ一覧を作ってみたので以下にご紹介したい。

続きを全部読む

【2015福袋特集】あまりに普通で買ったことを忘れていた『しまむら』の福袋(1000円)2つ / 妖怪ウォッチとアナ雪グッズ

年が明けて、早くも3日が過ぎようとしている。福袋レポートもいよいよ佳境(かきょう)に差し掛かった今日この頃だが……元旦に購入しつつも、あまりに「特別感」が薄く放置してしまった福袋があるので触れておきたい。

やはり福袋たるもの、中身はわからないほうがいい。しかし最近はカスタマーフレンドリーなお店も増え、事前に中身を公開しているケースが多い。消費者の満足が最優先な『しまむら』も、まさにそのスタイルであった。

そんななか、唯一中身が公開されていない商品があった。「ヒャホウ♪」と飛びついた先は、「妖怪ウォッチ」と「アナと雪の女王」のキャラクター雑貨福袋だ! 特別感の薄い福袋って一体……?

続きを全部読む

【妖怪ウォッチ】ブロンドのカナダ人美少女が踊る「ようかい体操第一」がキレッキレで激カワイイ!! 完璧すぎて3DCGかと思うレベル

まさに社会現象を巻き起こしている『妖怪ウォッチ』。アニメ版のエンディングテーマだった「ようかい体操第一」はエンディングが変わってからも根強い人気である。

以前の記事で、漫画家の蛭子能収(えびす・よしかず)さんによる踊ってみた動画を紹介している。40回以上も踊り続ける蛭子さんの姿にはほっこりさせられたものだが、今回はキレッキレの踊ってみた動画を紹介したい。踊っているのは、カナダ人美少女モデルだ!!

続きを全部読む

今すぐ実家の押し入れを探せ! レア物のキン消しが数万〜数十万で買い取りされてるぞ〜ッ!! レア美品マンモスマンは100万超え

最近は「妖怪ウォッチ」が大流行。子どもたちの間で話題が沸騰しており、新商品が出る度に玩具店では長蛇の列。子どもを喜ばせようと親が行列に参加するケースも少なくない。

・数万から数十万

その昔であれば、ビックリマンシールやキン肉マン消しゴム(以下、キン消し)が同じように当時の子どもたちの間で大ブームとなっていたのだが、現在そのキン消しの買い取り価格がスゴイことになっていることが判明した。希少価値の高いレアアイテムは数万から数十万円の値がついているのである!

続きを全部読む

【妖怪ウォッチ】漫画家・蛭子能収さんの「 “ようかい体操第一” 踊ってみた動画」がジワジワくる件

いまやその社会現象的の人気を誇る『妖怪ウォッチ』! 関連グッズは軒並み価格がハネ上がり、10倍以上の値をつけたモノもあるそうだ。ブームに乗って一儲けしようという大人の思惑に振り回される子供が可哀想になってしまうが、そんなこと関係なく誰でも楽しめるコンテンツが「ようかい体操第一」である。

そんな「ようかい体操第一」を、あの漫画家の蛭子能収(えびす・よしかず)さんが踊ってみたという。蛭子さんが妖怪ウォッチとか全く想像できない! その様子は動画『蛭子能収の一人でできるもん!!「ようかい体操第一キレッキレに踊る」の巻』で確認できるぞ!!

続きを全部読む

アマゾンで価格高騰! 妖怪ウォッチタイプ零式の高値に親たちの不満が爆発「子どもに悪影響」「有害ウォッチ」

先日、地元に住む弟からメールが来た。普段から弟とはあまりやり取りをしないのだが、「どうしても頼みたいことがある」と連絡が来たのである。彼が伝えてきたのは息子たち、つまり私(記者)から見れば甥っ子たちのために、「妖怪ウォッチ」の商品を買って欲しいという。

2014年8月2日にバンダイは全国で同作の新商品「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」の販売を開始した。発売前から店舗には行列ができ、店舗によっては1000人以上が並んだのだとか。完全に出遅れた私は当然購入できなかった。仕方なくAmazonで買おうかなと思ったのだが、驚異的な高値をつけており、商品によっては10倍近い値段になっているではないか。これはオジサン手が出ない……。

続きを全部読む