「女子高生流行語大賞」にまつわる記事

【困惑】2018年上半期『女子中学生・女子高生流行語大賞』が発表される → 第1位の「あげみざわ」って何なんだよォォオオオ!

同じ日本に住んでいるのに、普通のおっさんやおばさんはなかなか知り得ない女子中学生、女子高生の世界。いつの時代も彼女たちの発信力はすさまじく、様々なムーブメントの火付け役になることも珍しくない。

2018年7月、そんな女子中学生・女子高生の “今” が反映された『2018年上半期 女子中学生・女子高生流行語大賞』が発表された。「ヒト部門」「モノ部門」「アプリ部門」「コトバ部門」の全4ジャンルからなるランキングだが、注目は何といっても「コトバ部門」だろう。

続きを全部読む

【いくつわかる?】『女子高生流行語大賞2016』が発表される →「卍」とか「はげる」とか意味不明すぎィィィイイイ!

言葉は常に変化していく。ある意味で移ろいやすく、その時代その時代ごとに新しい言葉は生み出されていく。言葉を変化させていくのは若者が多く、特に女子高生は「新しい言葉を生み出す名人」と言ってもいいだろう。

2016年11月30日、フジテレビ系列「めざましテレビ」内で『女子高生流行語大賞2016』が発表された。渋谷・原宿で女子高生386人を対象にアンケートした結果だというが、結果を見て驚くこと無かれ。たぶん女子高生以外は、マジでサッパリわからないぞ。

続きを全部読む