「太陽光発電」にまつわる記事

太陽光発電に大きな一歩! 透明なパネルの試作に成功 / ビルが巨大な発電所になる

人類にとって、新しいエネルギー開発は急務である。世界中で脱原発の機運が高まっているのだが、アメリカの科学者が太陽光発電にとって大きな一歩となる技術開発に成功した。それは透明な太陽光パネルのプロトタイプ開発である。もしこれが実用化にこぎ着ければ、あらゆるガラスが発電パネルになるという。つまり、高層ビルは巨大な発電所となり、ケータイやスマホは別途器具をつけることなく電力を供給できることになるだろう。

続きを全部読む

13歳の少年が画期的な太陽光発電モデルを発表し注目を集める

米・ニューヨークに住む13歳の少年が、今までにない画期的な太陽光発電のモデルを発表して注目を集めている。従来の発電パネルは平面のものが一般的だったのだが、彼が発表したのは、木の枝葉をモチーフにした発電モデル

これにより従来型のものよりも20パーセントも効率的に発電できるという。冬の日の短い時期には、50パーセントも発電効率がアップするというのだ。この発表を行ったのは、エイダン ・ダウヤーさん(13歳)。

続きを全部読む

もうすぐ実現、充電いらずの着るバッテリー

米国の研究機関が、画期的な充電技術を発表した。発表によれば、人間の運動と自然エネルギーを利用して、充電することなく使えるバッテリーを開発したという。研究者は、「このバッテリーには筋肉運動から電力を供給する高い能力がある」としている。

続きを全部読む

ソーラーパネルを使わない太陽光発電が可能になると研究発表

米ミシガン大学の研究チームは、このほど今までの物理学の根幹を覆すような、驚くべき事実を発表した。その事実とは、光の磁気特性を利用し、ガラスなどの電気を通さない素材で太陽光発電ができるというのだ。この技術を実際に発電に生かすことができれば、今までにない低コストの太陽光発電所を建設することができるという。

続きを全部読む

自然エネルギー分野に投資を続けるGoogle、太陽光発電に500万ドル

東日本大震災を受け、世界中でエネルギーのあり方が見直されている。かねてから自然エネルギーの分野に投資を続けてきたGoogleは、ヨーロッパで新たに500万ドル(約4億円)を、太陽光電力施設に投資することを発表した。

続きを全部読む