「マリファナ臭い人お断り」の理髪店が話題 / 大麻合法化の裏で入店をめぐる論争勃発

現在、アメリカでは大麻の規制を見直す動きが進んでいるようだ。それを象徴するかのように、2014年1月1日よりアメリカ・コロラド州で嗜好用大麻の販売が解禁された。詳しくは以前にロケットニュース24の記事でもお伝えしたが、発売初日には行列まで出来たのだとか。

ただ、いくら法律で大麻が許可される州があっても、匂いのキツさなどから苦手とする人もいる。ある理髪店では、「マリファナ臭い人お断り」と貼り紙をして注目を集めているぞ。

続きを全部読む