【吉本危機】いくら松本人志でも「大崎洋会長」を私情だけでかばいすぎたら危ない

2019年7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の記者会見は、世間に大きな衝撃を与えた。詳細については割愛するが、そこで語られたのは吉本興業、岡本昭彦社長によるパワハラ、そして時代にそぐわぬ吉本興業の隠蔽体質ブラック企業体質であった。

翌21日、自身がレギュラー出演する「ワイドナショー」にて松本人志が一連の騒動に対する見解を発表、事態の収束へ自らが乗り出すことを明かした。松ちゃんが動くならもう大丈夫……と言いたいところだが、番組を見ていて一点だけどうしても気になることがあった。やもすれば、いかに松ちゃんとはいえ「大崎洋会長を私情だけでかばいすぎたら危ないのではないか」と。

続きを全部読む