「大使館」にまつわる記事

【ガチ】チリ大使館に正式に招かれてみた

あなたはチリという国がどこにあるかご存じだろうか? 怒らないから正直に言ってみてください。南米の? アルゼンチンの? そう! 隣にある超細長い国です。分からなかった人はググってみましょう。きっとあなたが思っている1000倍は細いですよ。

それがどうしたって? ごもっとも。実は私(あひるねこ)、理由は不明なんですがチリ大使館に招かれまして。先日行ってきたんですよ。でも、なんで呼ばれたんだろう……?

続きを全部読む

米大使館が「パジャマ姿のネコの写真」を誤送信したと謝罪

“架空の会合” の招集通知を送ってしまったとして、在オーストラリア米大使館が謝罪した。ビジネス相手に間違った内容のメールを送ってしまうなんて、顔面蒼白、冷や汗噴出ものの失敗だが、世界はそれをあたたかく受け入れた。

なぜならそのメールに添付されていたのが、ネコの写真だったからだ。

続きを全部読む

【おそロシア】「駐日ロシア連邦大使館」公式ツイッターのオラオラが止まらない

例えば「インスタグラムのフォロワーが買える自動販売機」が設置されていたり「サイドカーに乗るクマ」が公道を走っていたりと、我々が想像だにしない現象があたり前のように起こる大国、ロシア。人はそれを敬愛の意味も込めて “おそロシア” と呼ぶ。

そんな “おそロシア” がいま日本で発生し話題を呼んでいる。その主役は「駐日ロシア連邦大使館」で、ある話題をきっかけにマジの怒りが爆発したようだ。「激怒」とも「オラオラ」とも「煽り」ともいえる感情が公式Twitterで明かされているぞ。

続きを全部読む

安すぎだろ!「大使館総料理長」が手がけた料理がたった1000円の店が存在した!! よし、ちょっと大使になってくる / 東京・大塚『モモチャチャ』

諸君、この世界は金がすべてだ。……いきなり絶望的な気分になる斬新な書き出しで始めてみたが、これはある意味では真実である。結局金さえ払えばウマいものが食べられるんだよ。お偉いさんなんて、いいもん食ってんじゃねーの? なんてことを思ったり。

気を取り直して、ここで私(あひるねこ)がインターネッツで発見したとある情報をお教えしよう。なんと、大使館総料理長が手がけた料理がたった1000円で食べられる店があるらしいのだ。何だそのパワーワードは。ならば、ロケットニュースの大使として私が訪問しようではないか!

続きを全部読む

【ヒツジ】“自由すぎて” 有名なアフガニスタン大使館のLINEスタンプが可愛くて2015年にピッタリ! 「おやチューMe」「2かれた〜」など普段使いに☆

大使館で働いている人って、なんだかお堅そう……そんなイメージを抱きがちだが、実はそうでもないらしい。その筆頭が、駐日アフガニスタン大使館だろう! 公式Twitterでダジャレを飛ばしたり恋愛相談をしたりと、「中の人が面白い」として有名なのだ。

そんな彼らは、LINEスタンプだって販売しているのだが……それがめっぽう可愛く、しかもモチーフが2015年の干支のヒツジ! これは2015年にピッタリではないか!!

続きを全部読む