「塩焼きそば」にまつわる記事

「岩下の新生姜味 塩焼きそば」に「焼きそば専用 岩下の新生姜」をかけて食べてみた / 良い意味で文句しか出ない味

ペンライト芳香剤ポテトチップス巾着袋。一見無関係に見えるこれらの品々には、実は「ある要素」が共通している。読者の皆さんはおわかりだろうか。賢明な方であれば気付くかもしれない。そう、これらは全て「岩下の新生姜」の派生商品である。

賢明な方というより賢明な「新生姜」マニアの方しかわからなかったかもしれないが、ともあれ、その「新生姜」で有名な岩下食品は、これまで多様な「新生姜商品」を展開してきた。そして今回、2020年6月29日に新たにラインナップに加わったのが、サンヨー食品とのコラボで開発されたカップ麺「岩下の新生姜味 塩焼そば(税抜193円)」だ。

続きを全部読む

【実食】ペヤングの弟分(?) 「ペヨング」の塩やきそばを食べたらムショーに焼肉が食いたくなった!

近頃は定番商品と言われるものの定義があいまいな気がする。たとえば、不二家の「カントリーマアム」。たしかチョコチップクッキーだったと思うのだが、公式サイトを見たら期間限定で酪農ミルク・北海道チーズ・ほうじ茶ラテなど幅広く取り揃えている。日清「どん兵衛」や赤城乳業「ガリガリ君」らも同様で、バラエティが豊かになりすぎて何が定番だったのか忘れそうになる。

まるか食品の「ペヤング」もまた、 “いろんな味ありすぎ問題” に取り上げられるべき商品のひとつではないだろうか。やっかいなのは、ペヤングには廉価版の「ペヨング」があることだ。そんなペヨングに塩やきそばが出ていたので紹介したいと思う。ただでさえ貧相……いや、質素なペヨングが塩やきそばになったら中身はあるのか?

続きを全部読む

【裏技】日清焼きそば「U.F.O. 梅こぶ茶」のソースを「通常版U.F.O.」 にかけると激ウマになると判明!

日清食品は “和” の世界観を表現した3種のカップ麺の販売を開始した。私(佐藤)は個人的に、「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶」に注目していたのだが、期待を超える美味しさではなかった。そこで、コレのアレンジに挑戦。

もしかして、通常版のU.F.O. のソースに、梅こぶ茶のソースをかけると美味しくなるのでは? そう思って実際にやってみたところ……。劇的に味が進化! コレはやっぱり最初からこうするべきだっただろ。明らかに美味しくなってる~ッ!!

続きを全部読む