「坂口安吾」にまつわる記事

【文アル】若い人に読んでもらいたい「坂口安吾」の作品5選

オジサンの私(佐藤)は、あまり近頃のゲーム事情に詳しくない。2016年に流行った『ポケモンGO』に速攻で飽きて、アプリを早々と捨ててしまったくらいだ。そんな私が、あるゲームの話題に目を奪われた。それは、ブラウザゲーム『文豪とアルケミスト』である。実在した文豪がキャラとして登場するシミュレーションゲームだ。

2017年2月15日に、新しいキャラとして「坂口安吾」が登場するという。おそらく今の若い人は安吾のことをあまり知らないかもしれない。そこでぜひとも読んでみて欲しい作品を5つ紹介しよう。

続きを全部読む

劇団ひとり初監督作品『青天の霹靂』はなぜ涙なくして観られないのか? 文豪坂口安吾と劇団ひとりの共通点・相違点について

2014年5月24日より、タレントの劇団ひとりさんが初監督を務めた『青天の霹靂』の公開が始まった。この作品は、ひとりさんの2作目の小説作品であり、映画化にあたって脚本(橋部敦子氏と共同)と出演(轟正太郎役)をこなしている。

物語は、冴えない中年マジシャンがある日、落雷に遭い過去にタイムスリップ。若き日の両親に出会い、自らの出生について知るというものだ。モニター試写で9割の人が涙を流したというのだが、記者(私)も声を殺して嗚咽する有様であった。

一体何がそこまで感動を誘うのだろうか? ひとり作品の魅力のひとつに、彼自身のまなざしがあるのではないかと考える。

続きを全部読む