「地球外生命体」にまつわる記事

「UFOに誘拐された」と主張する米政治家が話題 / 宇宙人は “ブラジルの巨大なキリスト像” に似てる!?

UFOやエイリアンを目撃したことがなくても、その存在を信じている人は少なくないのではないかと思う。これだけ宇宙は広いのだから、「地球人以外の生命体がいてもおかしくないのは!?」と思っても不思議はないだろう。

そんな仮説を裏付けるかのごとく、ある米女性政治家が「UFOに誘拐された」と主張して話題になっている。なんでも宇宙人から、「人間の物ではない3万個の頭蓋骨が地中海の洞窟に眠っている」といった情報を教えられたというのだ!

続きを全部読む

米ベンチャー企業が宇宙人へのメッセージを募集中! 誰でも144文字まで投稿できるぞ~!

アメリカのベンチャー企業が一風変わったプロジェクトを始動した。どんなプロジェクトなのかというと、17.6光年離れた星に向けてメッセージを送信するというものだ。つまり、宇宙人に向けて言葉を送るのである!

・誰でも144文字まで投稿できる
その企業はすでにプロジェクトサイトを立ち上げており、世界中からメッセージを募っている。無料で投稿できる文字数は144文字。Twitter の文字数制限(140文字)とほぼ同じだ。はたして本当に宇宙人にメッセージは届くのだろうか?

続きを全部読む

「地球外生命体は、たぶん人間に似ている」人類は20年以内に地球外文明に遭遇するとロシア天文学者が明言

昨年、NASAが突然「地球外生命体」についての発表を行い、世間を騒がせた。結局その地球外生命体とは、宇宙人ではなく微生物だったのだが、世紀の大発見であることには違いない。しかし多くの人類が待ち望んでいるのは、微生物よりもパッと見でわかりやすい宇宙人ではないだろうか。

ロシアの科学アカデミー天文学研究所の責任者・アンドレフィルケンシュタイン氏は27日、「人類は20年以内に地球外文明に遭遇するだろう」と発表した。生命体は地球外の惑星にも存在し、それを20年以内にわれわれ人類が発見するとの見通しだ。

続きを全部読む

今から69年前(1942年)の今日、2月25日。第二次世界大戦の真っ最中にアメリカで起きた未確認飛行物体による事件をご存知だろうか? カリフォルニア州ロサンゼルス郡のサンタモニカ上空に、突如として25機もの未確認飛行物体が襲来したのである。

当時の米軍は、これら飛行物体を日本軍の攻撃であるとし、1440発もの対空砲火で応戦。しかしその攻撃は、遥か上空に飛来する物体に届くはずもなく、やがて飛行物体は消えて行ったという。その正体は、未だ謎のままだ。

この事件は遠い過去に起きたことだが、その後から今にいたるまで、世界各国の上空で未確認飛行物体は目撃され続けている。その数や大きさ、信ぴょう性にはバラつきがあるものの、目撃される頻度は毎日……いや、それ以上といっても過言ではない。特に昨年から今年にかけての出現件数は飛躍的に増加の一途。また、その深刻性も高まりつつある。

続きを全部読む