世界のロボット生産量の約70パーセントを占め、自他ともに認めるロボット大国日本。福島原発事故発生後、何度か国産レスキューロボ投入の話が上っているが、国民の期待とは裏腹に未だ投入されたという情報はない。

事故後すぐに投入されなかった理由、それは現在日本には原発事故処理に特化したロボットが存在しないからだ。日本は世界最先端技術を有しながら、研究は進まなかった。その理由を、中国メディア「鳳凰網」が報じている。
 
続きを全部読む