「唐揚げ」にまつわる記事

秘伝の製法で30年愛される「日本亭」の唐揚げ弁当を食べてみた / コスパはそれほど高くないが納得のクオリティ

ここのところ集中的に、安くてボリューミーな唐揚げ弁当を紹介している。このシリーズを続けていると、誰もがいかに唐揚げ弁当が好きかが良くわかる。記事へのコメントや問い合わせに、「あの店の方が量が多い」とか「こっちの店の方がコスパがいい」などの情報が、どんどん寄せられるのだ。

唐揚げ弁当はみんなの心のふるさとなのである。さて、今回は読者から頂いた情報をもとに、訪ねたお店である。関東を中心に店舗展開している「日本亭」のデカ5弁当だ。大きな唐揚げが5つも入っていることから、この名前がつけられた弁当の実力やいかに!?

続きを全部読む

【超コスパ】東京・砂町銀座「みどりのおかず」のチキンカツ(200円)がデカすぎた! グローブとマジで見間違えたぞ!!

日々、安くてボリュームのある唐揚げ弁当を求めてさまよい歩く私(佐藤)。いろいろ食べ歩くうちに、東京都足立区の「ダイナマイトキッチン」がもっともコスパが高いという結論に達したのだが、まだまだリサーチが足りないことを実感した。

というのは、東京・西大島の砂町銀座にはコスパの高い弁当屋・惣菜屋がいくつも軒を連ねていると発見したのだ。この商店街はヤバい! 1000円あったら、たらふく美味しいモノが食えてしまう!! なかでも、「みどりのおかず」というお店のチキンカツがスゴかった! 200円なのにグローブぐらいの大きさはあるぞ!

続きを全部読む

安さ爆発! 東京・足立区「ダイナマイトキッチン」のデカ唐揚げ弁当のコスパがスゴイ!! ご飯が完全におかずレベル

これまで数々の盛りすぎな唐揚げ弁当を紹介してきたが、コスパ最高峰のお店を発見したかもしれない! そのお店「ダイナマイトキッチン」のデカ唐揚げ弁当は安い! そして量が多い!! この値段でこの量を実現するお店は、なかなかないかもしれないぞ。

値段は590円! 600円でお釣りがくるのに、なんと唐揚げは10個も入っているじゃないか!! メインはどう考えても唐揚げで、ご飯は完全におかずレベル! これに勝るコスパ弁当はちょっとないんじゃないの!?

続きを全部読む

【検証】「ザンギ」と「唐揚げ」はどちらがウマいのか? 有名店のテイクアウトを食べ比べてみた

衣がカリッ、肉汁がジュワーッ……そのまま食べても、ご飯やパンと一緒でも、とにかくウマい料理といえば「からあげ」である。そして近頃、からあげのライバルとして取り上げられるものといえば、北海道の名物「ザンギ」だ。

しかし実際のところは、からあげとザンギは作り方が違うとか違わないとか、イマイチはっきりしていない様子。果たして両者に決定的な違いはあるのだろうか? そしてどちらがウマいのだろうか? からあげとザンギ、それぞれの有名店の料理をテイクアウトして食べ比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

480円でこのボリューム! 板橋区「つるや」の唐揚げ弁当大盛りのコスパ高すぎ!! やっぱり弁当のフタが閉まらない

以前の記事で、埼玉県川口市の持ち帰り弁当屋「ほっかほっか大将」についてお伝えした。このお店は600円でモリモリの唐揚げ弁当を販売している。実際に食べてみたところ、食べ応えバツグン! コスパの高い一品であった。

この記事を公開したところ、読者から板橋にある「つるや」も高い唐揚げ弁当を提供しているとの情報を得た。はて? つるや、どこかで聞いたことがある。それはさておき、さっそく行ってみたところ、唐揚げ弁当大盛り480円! こちらもまたフタが閉まらないほどモリモリの唐揚げ弁当だったのだ!

続きを全部読む

【最強レシピ】超カンタン「らっきょうマヨネーズ」が激ウマ

カレーライスの付け合わせと聞いて思い浮かぶのは……「福神漬け」そして「らっきょう」ではないだろうか。実はこの付け合わせでお馴染みのらっきょう、漢方薬などにも使用されている大変栄養価の高い食材なのだ。

今回はそんなエナジーフード、らっきょうを使った超かんたんで激ウマな『らっきょうマヨネーズ』のレシピをご紹介したい。揚げ物に絡めるもよし、トーストに塗るもよし、いつものメニューが一気にグレードアップするぞ!

続きを全部読む

【コスパ最高】から揚げだけじゃない! ご飯もみそ汁も生卵もおかわり自由な “鶏の唐揚食べ放題” に驚き / 東京・新橋「ちいち 烏森口店」

最近私(佐藤)は、から揚げ食べ放題のお店にばっかり行っている。やっぱ、から揚げっていいよね。夢がある、ロマンがある。それが食べ放題なんて、夢とロマンに溢れているじゃないか! 続けざまにから揚げ食べ放題に行っていると、街で看板を見つけても素通りできなくなってしまった。

先日も東京・新橋に行ったときのこと、すでに昼食を済ませていたのに、見つけてしまった。「鶏の唐揚食べ放題」の看板を……。お腹は結構満たされているんだけど、素通りできない。ということで、そのお店「ちいち 烏森口店」に行ってみたぞ!

続きを全部読む

1000円で60分から揚げ食べ放題! 腹ペコ学生におすすめしたい「チャーハンの店 叶家」 東京・高田馬場

「からあげ食べ放題」、なんてステキな言葉だろうか。夢がある、ロマンがある。そんなから揚げ食べ放題に関する有力な情報を得た。当サイトの読者によると、東京・高田馬場に食べ放題を実施している店舗があるという。

これは行かねばなるまい! ということで行ってみると、そのお店「叶家」はチャーハンの専門店だった。これはチャーハンを食っておくべきではないのか? いやいや専門店であろうと、から揚げ食べ放題優先に決まっている。ということで、60分食べ放題の定食(1000円)を注文した。

続きを全部読む

プロのオリジニスト推薦! オリジン弁当の新商品「若鶏の唐揚げ(紅生姜味)」が激ウマい / パラパラ漫画のような新食感に鶏も喜ぶレベル

一人暮らしの強い味方・オリジン弁当。安価でウマい弁当と、サラダ系、煮物系、揚げ物系に魚系が揃うオードブル。個人的には弁当屋の中でも最強の存在である。オリジン大好きーーーーー!

週三でオリジンに行くプロのオリジニストである私(中澤)のオススメは唐揚げ。サックリした衣とジューシーで柔らかい鶏肉のハーモニーは、弁当屋の唐揚げのレベルを軽く超えている。先日、そんな唐揚げに新たな仲間が加わった。真っ赤なそいつの名は「若鶏の唐揚げ(紅生姜味)」DA! これは食べてみなければなるまい!!

続きを全部読む

【肉好き必見】営業は深夜の4時間のみ! 知る人ぞ知る “神” の中華料理屋 / 東京・上石神井『喜楽』

どうしても外食が増えてしまう1人暮らし。夕飯を作るのも面倒くさいし今日もどっかの店で食べるか……そんな暮らしが5年目を迎えた頃、私(中澤)はとある特殊能力に目覚めた。その能力とは、個人経営の中華料理屋ならば一目見ただけでウマいかどうか見抜けるというものだった。

ある日のこと。残業で帰るのがかなり遅くなった。シャッターの下りた駅前を歩いていると、真っ暗な通りに煌々と光るモノが見える。近づいてみるとそれは中華料理屋だった。……しかし、おかしい。こんなところに店なんてあったか? 記憶をたどってみるが思い当たる節がない。ただ、私のレーダーはビンビンに反応していた。この店は絶対ウマいぞ

続きを全部読む

【保存版】2015年の肉まとめ / もっとも印象に残った肉と肉料理15選

もう正月休みだけど、肉好きにとって年末年始は関係ない! 年中無休でウマい肉を食いたいのである。私(佐藤)もそんな肉好きのうちの1人。2015年もいろいろなお店を訪ね、至るところでウマい肉。食い応えのある肉に出会った。

そのなかでも特に印象に残った肉をお伝えしよう。コレを参考に、2016年もウマい肉を食いまくれよッ! なお、提供メニューや価格は記事執筆時のものである。

続きを全部読む

【コスパ最強】唐揚げ15個も乗った丼がたったの500円! お得すぎる「バカ盛丼」 東京・浅草橋

現在東京の台東区で開催されている、「したまちフードフェス in たいとう2015」。通称 “したどんグランプリ” は、2015年9月18日から1カ月の日程で催されており、10月18日の投票締め切りを持って終了する。

過去2回開催されており、参加店舗に5万人が足を運んだそうだ。浅草や上野なの台東区の6エリア、約80店が参加して、下町の丼頂点を競っている。そのなかで一際目を引く一品を発見したので紹介したい。そのお店「ハイブリッド酒場」はなんと唐揚げが15個も乗った丼を、たった500円で提供している! マジかよ、超絶コスパよすぎッ!!

続きを全部読む

【コスパ良し】いくらでも食べられるウマさの唐揚げが690円で食べ放題! 東京・五反田「わったりぼうず」のランチがお得

「食べ放題」、その言葉の響きのなんと心地良いことか。食べ放題とは、ただ料理を食べることができるだけでなく、繰り返し夢を見ることのできる素敵なサービスである。以前の記事で素晴らしい食べ放題サービス10選をご紹介したのだが、そのなかに新たに仲間入りしそうな食べ放題を発見したのでお伝えしたい。

・690円唐揚げ食べ放題!

東京・五反田の秋田料理を提供する居酒屋「わったりぼうず」では、ランチで唐揚げ食べ放題を実施しているのである。しかも690円となかなか良いコストパフォーマンス。実際に食べてみたところ、かなり美味しくその気になれば20個くらい食べられそうな勢いだった!

続きを全部読む

たった2個の唐揚げが丼を覆いつくす 「弥生軒」の唐揚げそばが凄まじい!! 千葉・我孫子

以前の記事で、高コスパの山盛りすぎる唐揚げ丼についてお伝えした。東京・立川の人気店「ひなたかなた」では700円で山のように唐揚げが盛られた丼を提供しているのである。

これに負けない高いコストパフォーマンスを実現している立ち食いそば屋が、千葉・我孫子にあるというので早速行ってみた。そのお店「弥生軒」では540円で唐揚げ2個がのったそば・うどんを提供しているそうである。たった2個と侮るなかれ! その2個の唐揚げがめっちゃデカイ! デカすぎてそばが見えねえええーーッ!!

続きを全部読む

山盛りすぎる唐揚げ丼! 700円でこのボリュームはマジでコスパ最高だッ!! 東京・立川「ひなたかなた」

以前の記事で、盛りすぎなちらし寿司についてお伝えした。そのお店では、特上ちらし寿司を注文すると、寿司ネタが丼にてんこ盛り! 酢飯が丼に入っているかどうかを疑ってしまうほどの強烈なインパクトだったのである。

これに負けない丼が東京・立川に存在することが判明! そのお店「ひなたかなた」では、700円という驚き価格でモリモリの唐揚げ丼を提供しているという。実際に行ってみたところ、マジでコレ700円! という破格のボリュームだったぞッ!

続きを全部読む

【間違いない店】4時間煮込んで作られる中華粥&鶏の唐揚げは病みつき注意! 横浜中華街・『謝甜記 貮号店』

以前ロケットニュース24では、横浜中華街にある『広東料理 吉兆』を取り上げた。アサリの旨味を凝縮したあっさり系ラーメン「活アサリそば」を味わえるお店だ。今回も同じく、横浜中華街にある名店を紹介したい。

そのお店『謝甜記 貮号店』(しゃてんき にごうてん)は、中国粥の専門店。お粥と言えば、「病気の時に食べるもの」というイメージを持っている人がいるかもしれないが、ここの中華粥はそんなものではない。十分に主役を張れる味! これを食べるために中華街に行く価値があると行っても過言ではない。そして唐揚げも絶品!! 行けば間違いないお店だぞ。

続きを全部読む

【グルメ】大分県中津市のからあげ屋『チキンハウス』のからあげ定食 / 一度食べたら忘れられない絶品の味!

みなさんは「からあげの聖地」がどこにあるのかご存知だろうか。実は、大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公である『黒田官兵衛』のゆかりの地として有名な大分県中津市がそうなのである。

家庭の食卓に並ぶことも多く、日本人にとって身近な食べ物のひとつである「からあげ」。聖地の味をぜひ一度体験してみたい! ……ということで実際に行って食べてみたぞ!

続きを全部読む

【グルメ】山梨・小淵沢駅のそば屋『丸政』の山賊そば / 安いのにめっちゃウマい! 唐揚げデカすぎ(笑)

山梨県といえば、「信玄餅」や「ほうとう」を思い浮かべる人も多いだろう。最近は、B級グルメとして「甲府鳥もつ煮」も知られるようになった。

それだけでなく、山梨は水がきれいでおいしいそばを食べられる地域でもある。特に小淵沢駅にある「丸政の駅そば」は、安くておいしい店として評価が高い。立ち食いそばのお店でありながら、そば好きも納得する老舗なのである。

続きを全部読む

【元祖の元祖】唐揚げ一筋40年! 大分「中津のからあげ」のルーツがこの店『森山からあげ店』だッ!!

大分県中津市といえば「からあげ」である。通称「中津からあげ」。中津市内には50軒以上も唐揚げ屋さんがあり、からあげの聖地とも言われている。ちなみに大分県は鶏肉の消費量が日本一。大分といえば「とり天」も有名だが、唐揚げも忘れてはならないのである。

そんな中津からあげのルーツとなるお店を今回はご紹介したい。その名も『森山からあげ店』からあげ一筋40年、心温かいおじいちゃんとおばあちゃんが年中無休で唐揚げを作っている、まさに “元祖! 中津からあげ” のお店なのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2