将来「牛と同じサイズのネズミ」が出現⁉ 地球温暖化で恐竜時代の再来もあり得ると科学者が主張

太古のゴキブリは大きさが50センチもあったそうだが、生物の大きさは長い年月を経て、大きくなったり小さくなったり変化している。ある科学者が「いずれ牛と同じサイズのネズミが出現する可能性があり、地球温暖化で恐竜時代の再来もあり得る」との見解を発表し話題になっているのである。

続きを全部読む