「左利きの人は右利きの人よりも睡眠障害に陥りやすい」という研究結果

全人口の約10パーセントいるといわれる左利き。ピカソ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アインシュタイン、ダーウィン、ナポレオン、モーツァルト、ニュートン、ベートーヴェン……など、歴史上の偉人たちには左利きだったとされる人たちが多くいるせいか天才肌と言われることもあるが、「左利き=天才」という科学的根拠があるわけではないようだ。

しかし、科学に基づいた最新の研究では、左右の利き手に関するある調査結果が明らかにされた。それによると、左利きの人は右利きの人よりも睡眠障害に陥りやすいという。

続きを全部読む