「名画」にまつわる記事

【旅行記】実際に見て「スゴかった&ショボかった」名画や建造物 は!?『最後の晩餐』『ダヴィデ像』など

海外旅行は様々な文化に触れ、地元の美味しい料理やワインに舌鼓を打てるし、現実から逃れて息抜き出来る最高の方法ではないかと思う。

そんな旅行の魅力に取りつかれ、暇を見つけては海外へ出かけている筆者は、名高い美術館や建造物には足を運ぶようにしている。そこで、現地で実際に見た名画や建造物で意外にスゴかった&ショボかった物を、独断と偏見で紹介したいと思う。あくまで筆者の一意見なので、深く考えずにサクサクっと読んで頂けたらと思う。

続きを全部読む

「人気映画のワンシーンをモチーフにした切手」が超イイ感じ! 思わず切手収集を始めたくなるレベル!!

歴史に残る名画や人気映画はグッズなどのデザインにされることが多く、以前に「映画作品をモチーフにしたビール用コースター」「有名アルバムジャケットと映画の登場人物を一体化させたインスタ」を紹介したことがある。

そして、今度は「人気映画のワンシーンをモチーフにした切手」が誕生し、こちらも最高にイイ感じなので紹介したい。あんまりにもカッコ良すぎて、思わず切手収集を始めたくなるレベルなのである!

続きを全部読む

【消し屋アート】そして誰もいなくなった…… 『最後の晩餐』『受胎告知』など名画の登場人物が “家に帰ってしまったら” こんな風に!

あなたの好きな絵画はなんだろう? 世界は広く、人類の歴史も長い。古今東西を見渡せば、「これぞ!」というお気に入りの絵画があるはずだ。そして今回紹介するのも、そんな絵画関係である。

新しい作品? 答えはイエスとも、ノーとも言える。これは、世界的名画の登場人物が、一人残らずおウチに帰ってしまったら……」なる想像アート作品。あの有名な『最後の晩餐』、『受胎告知』なんかに登場するみなさんが、誰も、文字通り、だーれもいないのだ。

続きを全部読む

提供:Adobe

【ビフォー・アフター】ええっこれ写真なの!? アドビの写真ツールで仕上げた『名画写真』のクオリティーがやばい件

世の中に、いつまでも人々の心を打ってやまない名画は多数存在する。名画というだけあって、見れば見るほどすごいっすなぁ~……って、えええええ! これ、写真なの!?

名画を現代のテクノロジーで『名画写真』として生まれ変わらせようという企画が実施されている。その企画とは、アドビの「Adobe Photo Museum(アドビフォトミュージアム)」である。名画をモチーフに撮影した写真をアドビの「Photoshop」と「Lighroom」を使って絵画風に仕上げるのだが、まじでここまでできるのかよッ!? と驚くこと必至のクオリティーなのだ。

続きを全部読む

【時を越えて】モネ名画『印象・日の出』 が何年何月何日何時何分の風景か解明されたと話題に / 分単位までかなり詳細な絞り込みに成功か

有名無名にかかわらず、素晴らしい芸術作品は後世の人々を魅了し続ける。そして中には、現代からでは真実を見通すこともかなわない深い謎を投げかけてくる作品もあるのだ。例えばそう、モナリザの正体など未だ分からぬまま。

しかし日進月歩で進化する技術によって、歴史に埋もれた謎が解明される機会も増えつつあるようだ。今回は、なんと印象派画家として有名なモネの代表作『印象・日の出』が、何年何月何日何時何分に描かれた風景なのか、140年もの時を越えて解き明かされたというのだ!

続きを全部読む

もしも名画のモデルたちが現実に存在したら……きっとこんなかんじだったはず!?

実在の人物をモデルにして描かれた名画は数あれど、さすがにピカソやモディリアーニの絵のような女性は現実世界にいないはず……と思ったら、いたーーー!

今回ご紹介するのは、そんな妄想を具現化してしまった、ハンガリーのアーティストFlora Borsiさんによる作品です。

続きを全部読む