【博多駅前陥没】急ピッチな作業で「11月14日」に通行再開を目指していることが判明 / わずか6日の突貫工事

2016年11月8日早朝、福岡市の博多駅前の道路が陥没し、約30メートル四方にわたって深さ約15メートルの巨大な穴が開いてしまった。その影響で近隣では一時避難勧告が出る事態となった。

現場では24時間体制で復旧工事が続いている。陥没当時の穴の様子を見ると、いつ復旧することになるのか想像もつかない状況だったのだが、福岡市は6日間の突貫工事で通行再開を目指しているようだ。1週間と経たずに復旧することは可能なのか? 日本の技術力をもってすれば可能なのか?

続きを全部読む