「労災」にまつわる記事

【女性注意】夜勤が乳ガンのリスクを高めているかもしれないという研究結果

日本女性の場合、16人に1人がかかるとされる乳癌(ガン)。患者の20%が死に至る重大な病気だ。しかしいまだ特効薬は開発されていない。リスクを高めないよう注意して生活を送りたいものだ。

これまでも乳ガンのリスクは何によって高まるか研究されてきたが、最近新たな研究結果が報告され注目を集めている。夜勤の仕事が乳ガンリスクを高めているかもしれないというのだ。

続きを全部読む

ワタミ渡邉会長が10日ぶりに「今日からカンボジアに行ってきます」とTwitter発言 / ネットの声「カンボジアより先に社員救え」

ワタミの元女性社員が自殺し、労災認定された問題。この事実は広く報道されているので、ご存じの方も多いかと思います。2012年2月24日、この問題に対してワタミ会長・渡邉美樹氏はTwitterで「命懸けの反省をしなければならない」と発言しました。

渡邉会長はTwitterに「今 シンガポールです」と近況を書き込みしたのを最後に10日間沈黙を続けていたのですが、3月5日にようやく新たな書き込みをしました。その内容は「今日からカンボジアです」というもので、国外の支援活動に関するものでした。

続きを全部読む

3日間沈黙の渡邉美樹会長「命懸けの反省をしなければならない」と発言 / しかし会社発表とは矛盾

2008年に自ら命を絶った女性社員の労災(労働災害)が認定された、居酒屋「和民」(ワタミフードサービス)の会長渡邉美樹氏が3日ぶりにTwitterで発言を行った。渡邉氏は労災認定が明るみに出た後に、学校を作るためにバングラディシュに出かけた。

その際に「どこまでも、誠実に、大切な社員が亡くなった事実と向き合っていきます」(Twitterより引用)としながらも、事実からは目を背けるような形で出国していったためにネットユーザーから批判が殺到。それからの3日間沈黙していたのである。その渡邉氏が新たな発言をしたのでお伝えしたい。

続きを全部読む

報道内容を否定したワタミに亡くなった女性の就労実態を聞いてみた / 担当者「まとめている段階」

神奈川県横須賀市の居酒屋「和民」(ワタミフードサービス)に勤めていた女性社員(当時26歳)が、入社2カ月で自殺した問題で、神奈川県労働局は2月21日に労災(労働災害)認定した

このことについて渡邉美樹会長は「残念」としながらも、「労務管理できていなかった認識はない」としている。また、同社のHPにも「報道されている勤務状況について当社の認識と異なっておりますので、今回の決定は遺憾であります」(原文まま)と、決定を不服としている旨を公表しているのだ。

では、どのような勤務状況だったのだろうか? 同社広報グループに問い合わせてみた。

続きを全部読む