「労働」にまつわる記事

【反論】ポケモンGOのために「1日何度も会社を抜け出して」何が悪いというのか? あるいは「働き方改革」の話

久々にキレそうである──。いや、わなわなと震える手を見る限り、私、P.K.サンジュンはすでにブチギレているのかもしれない。というのも、当編集部の佐藤が「1日に何度も職場を離れてポケモンGOをやりに出かけるポケモンおじさんの言い分がひどすぎる」という記事を執筆したのだ。

記事を読んでみると、確かにその内容はほとんどが事実……つまり私が「1日に何度も会社を抜け出しポケモンGOをプレイしている」と書かれている。だがしかし、それのどこに問題があるというのか? 仮にもインターネットメディアに身を置くベテランライターの言葉とは思えない……。

続きを全部読む

【知ってた悲報】日本のサービス業、労働生産性がアメリカの半分だったことが判明! 繰り返す、こんなに働いてるのにたった半・分!!

ヘイ、スティーブ! ちょっと聞いてくれよ。日本人ってさ、ちょっと意味わかんないくらい働いてるだろ? なんかもう働くために生きてるって感じだよな。バカンスもないみたいだし、有給消化率も世界最下位って話さ。HAHAHA!

なのに今回、日本のサービス業の労働生産性が、アメリカ人のたった半分しかないことが分かったらしいんだ。あんなに働いてるのに? 俺たちの半分だって? オーマイガッ! そいつは笑えない冗談だなジョニー。え? 冗談じゃなくてマジだって? Oh……神よ、沈没寸前の日本をどうか救いたまえ……。

続きを全部読む

「働きすぎたパン屋」がフランスで40万円近く罰金を課せられ話題に

日本ではブラック企業や長時間労働、過労死といった問題が取り沙汰されているのに対し、海外では労働環境に関する事情がかなり異なる国もあるようだ。

なんでも、「働きすぎたパン屋」がフランスで3000ユーロ(約39万2500円)の罰金を課せられ話題となっている。働きすぎたら罪になるなど羨ましい話に聞こえるが、一体どういうことなのだろうか!?

続きを全部読む

【働かなさすぎ】オフィス職は8時間中「2時間53分」しかマジメに仕事をしていない

仕事したくない仕事したくない仕事したくない。今日も今日とて、そんな言葉が頭の中をグ〜ルグル回る。だが、それでもちゃんと仕事してしまうのが社会人。8時間キッチリ働いた後に残業もこなしちゃうのよね……って、ちょっと待って!

なんと、このたび行われたある調査で、「オフィス職の人がちゃんと働いているのは、8時間のうち2時間53分だけ」という結果が出たのだ。そんなに短いのか!?

続きを全部読む

マクドナルド店員の「僕たちにレッテルを貼らないで」というメッセージが話題

現在、マクドナルドで働く男性が公開したメッセージが、ネット上で話題を集めている。「もう批判を受けるのはたくさんだ」と始まるこのメッセージ。

どうやら「マックの店員だから〜」と、様々なレッテルを貼られることがあるようだ。しかし彼は、そんな見方は間違っていると主張。マクドナルドでは素晴らしい人々が働いているし、人生にとって大切なステップでもあるとつづっている。

続きを全部読む

日本の「ネットカフェ難民」をテーマにしたドキュメンタリーが海外で話題に! 「狭すぎる!」「24時間週7日営業だなんてスゴい!!」などの声が

筆者は、ネットカフェやまんが喫茶なるものに一度も行ったことがない。海外生活が長かったからと言い訳はしたくないが、定住先を持たずに寝泊りする場所として、ネットカフェを利用する “ネカフェ難民” と呼ばれる人々について、初めて耳にした時は驚いた。

ネカフェ難民の背景には、就職したくない&できない人が、契約などの必要もなく、安い料金で宿泊できるネットカフェを利用しているという事実がある。そんな、日本の闇の部分を映し出したともいえるネカフェ難民をテーマにしたドキュメンタリー作品が、海外で注目を集めている。

海外ユーザーならではの視点から見た日本は一体どう映っているのか、彼らのコメントも交えながら作品について紹介してみたい。

続きを全部読む

先進国・女性の働きやすい国ランキング/ 日本はなんとワースト2位! 最下位は韓国

男女雇用機会均等法が制定されて今年で41年。日本の女性の大学進学・社会進出が進んでいると言われている。

だが、世界と比べるとそれもまだまだなようだ。先日、イギリスの経済紙が発表した「先進国における女性の働きやすさランキング」によると、日本の女性の労働環境は26カ国中なんと25位。ワースト2位だったのである。

続きを全部読む

かつては日本のお家芸と言われていたテレビ産業も、今ではサムスンやLGといった韓国勢の独走状態となっている。世界の家電製品業界はどこを見てもサムスン、サムスン、サムスン! さぞかし国は豊かになっているんだろうなぁ、と思いきや、その恩恵を受けられる人はごく一部で、大半の人は苦しい生活を余儀なくされているようだ。

特に、アルバイト労働者たちの労働環境はすこぶる悪い。2013年の時点で韓国の最低賃金時間額は4860ウォン(約420円)なのだが、コンビニやガソリンスタンドなどでは最低賃金以下で働かされているケースが後を絶たない。

続きを全部読む

2008年に自ら命を絶った元女性社員の労災(労働災害)が認定された居酒屋「和民」(ワタミフードサービス)。労災認定された当初、会長の渡邉美樹氏は「命懸けの反省をしなければならない」とTwitterに投稿していたのだが、従業員の労働時間に関して、驚くべき事実が判明した。

東京新聞が報じたところによると、同社は適正な手続きを踏まずに、従業員に時間外労働をさせていたとして、厚生労働省労働基準局監督課は「労働基準法に抵触する」と、指摘しているという。

続きを全部読む

「一日11時間以上働く人はうつ病になる可能性が倍以上」という研究結果

世界的に景気の悪化が進む昨今、「仕事があるのは良いこと」という考え方も間違ってはいないだろう。しかし、働き過ぎるのも考えものである。最新の研究によると、一日11時間以上働く人は、うつ病を発症する可能性が2倍以上になるという。

続きを全部読む