「加工」にまつわる記事

加工アプリすげえ! この画像を見てあの「歌姫」だってわかる人いるの?

誰もが気軽にアプリを駆使し、画像や映像を加工できる時代──。中には「加工はマナー」なんて声もあるようだが、確かに加工するとしないでは印象がだいぶ違ってくる。良し悪しは別にして、多くの人が加工アプリを利用していることだけは間違いない。

その加工アプリのスゴさに “あの歌姫” も驚いているようだ。カリスマとして一世を風靡した彼女は、自身のインスタグラム(Instagram)にアプリで加工した画像を投稿しているのだが……。ぶっちゃけ、誰なのか全くわからない。

続きを全部読む

【閲覧注意】ベッキーのアンドロイド化が始まる

もうすぐそこまで、人類が想像していた未来が来ている──。スマートフォンには当たり前のようにAI(人工知能)が搭載され、インターネットを介して世界と瞬時にコンタクトを取れるようになった。そしてペッパーに代表される “アンドロイド” も今や珍しくない。

アンドロイドとはすなわち「人造人間」のことだが、どうやら人間がアンドロイド化してしまうこともあるようだ。例えば、2019年1月23日、タレントの「ベッキー」さんが自身のTwitterに投稿した画像を見てみると……。

続きを全部読む

インスタよりもスゴい! 写真がプロっぽい仕上がりになる神アプリ「Snapseed」を使ったらこうなった!

最近はSNSに投稿する際、画像を加工するのは当たり前になった感がある。特に画像に特化したInstagramは、フィルターを選ぶだけで簡単にカッコ良く加工できるため大人気だ。

ただ、アプリにもいろいろ。中にはInstagramを超えるような画像編集アプリも存在している。今回紹介する「Snapseed」がまさにそう。この神アプリを使ったら、写真が瞬く間にプロっぽい仕上がりになるぞ!

続きを全部読む

【韓国旅行】整形だけじゃない! 旅行者に証明写真が人気 / 修正技術がスゴイ! 写真の顏もまるっとお直し

韓国旅行と言えばやっぱりグルメ? ショッピング? それとも噂の「整形ツアー」?? さまざまな楽しみ方があるが、数年前から密かに人気なのが「証明写真」だという。

変身写真ならまだしも、海外旅行に来てわざわざ証明写真と聞いて「えっ」と思うかもしれないが、韓国の証明写真はヤバイらしい。パーフェクトを求めて まるっと修正! こんな大胆な修正は自国ではできないと人気になっているというのだ。

続きを全部読む

【まるで魔法】一瞬でジーンズにダメージを入れる「超高性能レーザーデニム加工機」がマジで凄い

今やどこでも安価で入手できるようになったユーズド加工ジーンズだが、もともと高価な代物だとご存知だろうか。ヴィンテージジーンズが大ブレイクした1990年頃、美しい色落ちのユーズドジーンズは当たり前のように高額で取引されていた。

ユーズド加工ジーンズが簡単に入手できるようになった理由のひとつに、加工技術の進化が挙げられる。では、最近のデニム加工機はどれほどの進化を遂げているのか? 今回はその答えが一瞬でわかる動画をお届けしたい。

続きを全部読む

【天才現る】早稲田大学研究所が開発した「画像加工技術」が凄すぎる! 超複雑な編集作業も一瞬で完了

携帯電話やスマホに搭載されてから世界中で一気に普及した、デジタルカメラ。最近では、簡単に画像加工ができる専用アプリなども登場し、より写真が親しみやすいものとなっていることはご存知の通りである。

そんな中、早稲田大学の研究チームが、驚くべき画像処理技術を公開した。その技術を使えば、画像中の不要な物体を消したり、人の顔を変形させたりといった複雑な編集がなんと、簡単に出来てしまうという。

続きを全部読む

【どこか分かる?】有名下着メーカーの広告にフォトショ疑惑 / ネットの声「明らかにフォトショ」「他の部分も怪しく見える」

あなたは「有名下着メーカー」と聞いて、どのメーカーを思い浮かべるだろうか? 日本ではワコールやトリンプ、ピーチジョンなどの名前が挙がりやすいかもしれないが、そこにセクシーがつけば、何と言っても「ヴィクトリアズ・シークレット」だろう。美しきモデルたちの下着や水着姿を見ていると、クラクラしてしまうほどだ。

だが今、この「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告で、モデルの体型にフォトショ修正が施されていると、ネット上で話題になっているようだ。なんでもそこには、ちょっとした違和感があるのだとか……。

続きを全部読む

有名下着メーカー「モデル写真」の修正&フォトショ加工を一切止める → 売り上げ大幅アップ!

街のディスプレイ、テレビ、雑誌、ネット、あらゆる場所で目にする広告には、美しいモデルさんたちが写っている。だがその多くが、フォトショップなどで加工修正されていることは有名な話だ。肌のくすみを消したり、ウェストを細くしたり、髪の毛を増やしたり……。

しかしアメリカン・イーグルの下着メーカー「aerie(エアリー)」は、2014年からモデルの写真修正を一切行っていない。脂肪もほくろも傷跡も、ありのまま見せているのだ。すると……売り上げが大幅アップしたというではないか!

続きを全部読む

【ちょっと変……】ヴィクトリア・ベッカムさんの写真が「何かおかしい」とネット民がざわめく

この世には “ちょっとおかしな” 画像がたくさん出回っている。「無人なのに人がいるような写真」や「お父ちゃんの頭が “お尻” に見える写真」など、ワザとじゃないのに何だか変な感じに写ることがあるのだ。

そして今、あのヴィクトリア・ベッカムさんが Instagram に投稿した1枚の画像にも、「何か変」と指摘する声が集中しているのだとか……。さて、あなたにはどこが変か分かるかな?

続きを全部読む

『補正アプリ』で海外の紙幣を「デカ目」と「小さ目」に加工したらこうなった

以前の記事で、最近の画像補正アプリはヤバい、「日本の紙幣を加工したらこうなった」とご紹介した。いつも見慣れた日本紙幣、つまり福沢諭吉に樋口一葉、野口英世の3名を補正アプリで目だけ加工したのだが、そのインパクトはあまりにも大きかった。

そこで今回はその第2弾、海外の紙幣「アメリカ・ドル」「韓国・ウォン」「南アフリカ・ランド」を加工してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

「補正アプリ」でお札を「デカ目」に加工するとヤバいと話題 / やってみたら「デカ目」より『小さ目』の方がヤバいと判明

現在ツイッター上で「補正アプリでお札を加工したらヤバいことになった」という話題が大きな関心を集めている。その通り、一万円札の福沢諭吉が「目はパッチリ」「アゴはほっそり」したビジュアルは、たしかにヤバい。

どれどれ……ということで筆者も補正アプリを試したところ、デカ目よりさらにヤバい加工を編み出してしまった。それは「小さ目」! 目を極限まで小さくすると、デカ目よりもインパクトある画像が出来上がったのでご紹介したい。

続きを全部読む

こうやってるのか!! 「絵具で染めたみたいな空」制作の裏側をタイムラプスで全部見せます

まるで絵具で塗られたかのような、鮮やかな空。現実のようで現実でない奇妙な質感が印象的なこちらの作品を手掛けたのは、フォトグラファーのマット・モロイさんです。

この独特のビジュアルは、一体どのようにして生まれたのか。気になる制作から完成に至るまでのその裏側を、本日はみなさんにご覧いただきたいと思います。

続きを全部読む