「別府温泉」にまつわる記事

【なぜ】別府市が「草津行こうぜ」という広告を新聞に掲載! その理由が熱すぎる / ネットの声「いいぞ別府市」「惚れてまうやろ!」

今は、別府行くより、草津行こうぜ。そんなキャッチフレーズが2018年2月16日の新聞に掲載され話題を呼んでいる。

行政のPRもユーモアにあふれている時代だが、さすがに名指しでライバル(別府)を落とすのは露骨すぎないか? ……と、思いきや、この広告のスポンサーは別府市。ファ!? どういうこと?

続きを全部読む

メニューが「豚まん」しかないのに40年も愛され続けている店に行ってみた! 夕方には売り切れるのも納得の優しい味 / 別府市「幸崎」

競争の激しい飲食業界において、数十年も変わらずにいることは難しい。なぜなら、消費者は超がつくほどシビア。わずかな価格差や味の違いにも敏感で、少しでも気に入らないことがあると通わなくなってしまうからだ。だからこそ、店は時代の流れについていけるようアレコレと変化を求められる。

しかし、ひとつのことを長年やっていくのは不可能かといえばそうではない。現に大分県の別府市には、豚まん一筋で40年もやってきたお店があるのだ。「豚まんで!?」と思う人もいるかもだが、実際に食べてみたらそれも納得の味だった。

続きを全部読む

大分県・別府には「鬼嫁を一発でキレさせるTシャツ」が売ってる

大分県といえば、温泉の名所がたくさんある通称「温泉県」。そして温泉といえば、湯布院、そしてなんといっても別府がある。特に別府は温泉巡りの「地獄巡り」が有名で、行ったことがない人でも知っている観光名所だ。

つい先日、筆者(私)は別府を訪れる機会があったのだが、そこでユニークなTシャツを発見したのでご紹介したい。そのTシャツには、世のサラリーマンたちが発しそうなメッセージが書かれていたのである!!

続きを全部読む