サッカーACL「大地震をお祝い」横断幕に韓国人も激怒 / 試合に勝ったが「大きな敗戦」

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦で、セレッソ大阪は韓国の全北現代モータースと対戦した。試合結果は1対6で大敗をしたのだが、全北のサポーターの一部の行動が物議をかもしている。その行動とは、「日本の大地震をお祝います」との横断幕を会場に掲げていたのだ。

セレッソ大阪の関係者の指摘で、前半途中で撤去された。この行為に日本のインターネットユーザーは激怒しているのだが、実は韓国の間でも波紋が広がっている。

続きを全部読む