2010年9月16日付、日経新聞の記事「就職氷河期、個性は封印」が再びインターネット上で話題になっている。この記事中には、25年前のJALの入社式の写真と、現在の写真が掲載されており、それらがあまりに違いすぎるというのだ。

実際に見てみると、1986年(25年前)は服装は人それぞれでとても個性的。一方、現在は、全員黒のリクルートスーツで同じ格好をしている。あまりに対照的で、衝撃的すぎる2つの写真に再び注目が集まっているのだ。

これらを見たユーザーからは、 続きを全部読む