「一日11時間以上働く人はうつ病になる可能性が倍以上」という研究結果

世界的に景気の悪化が進む昨今、「仕事があるのは良いこと」という考え方も間違ってはいないだろう。しかし、働き過ぎるのも考えものである。最新の研究によると、一日11時間以上働く人は、うつ病を発症する可能性が2倍以上になるという。

続きを全部読む