「健康」にまつわる記事

「中年」は53歳から始まるという調査結果

「中年」は何歳から始まると思うだろうか? 今までは、“41歳が中年への入り口” と言われることが多かったそうだ。しかし最近では人々の意識が変わり、ある調査で「中年が始まるのは53歳」との興味深いデータが出たことが判明した。

続きを全部読む

意外と知らない海水浴の健康効果 / 性欲アップや美肌効果など

夏といえば海水浴! 照りつける太陽の下、海に飛び込んだ時の爽快感は最高である。すでに今夏、一度や二度は海水浴に行った人も多いはずだ。

そんな大人気の海水浴だが、実は楽しかったり気持ちいいだけではなかった。これまでに行われてきた数々の研究によって、「海水浴は健康上のメリットがある」ということが判明しているのだ。知られざる海水浴の健康効果は、主に以下の3つである。

続きを全部読む

【最新研究結果】うつ病には「オンライン診療」が対面診療と同じくらい効果的らしい

うつ病の治療といえば、カウンセラーと1対1で診察してもらう「対面診療」が一般的であり、効果的であると考えられている。しかし、そのようなイメージを覆すような驚くべき研究結果が発表された。

スイス・チューリッヒ大学の研究者は、うつ病の治療に対してオンライン診療に従来の対面療法と同じ程度の効果があることを実験で証明した。それだけでなく、オンライン診療の方が治療効果が持続するという結果まで得たのである。

続きを全部読む

【パパママ必見】母乳で育てると子どもが賢くなることが証明される / 母乳の成分が脳の発達を促進

英国キャサリン妃が待望の第一子を出産し、世界中が祝賀ムードに包まれ、日本でも大きな話題となった。キャサリン妃は赤ちゃんを母乳で育てる意向で、にわかに母乳育児に注目が集まってきている。そんななか、「母乳で育てると子どもの知能が高くなる」との研究発表があり、話題となっている。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】二日酔いで最も苦しむのは29歳だと判明 / もう若くないのに現実を認めないのが理由

夏といえば冷たいビール! ビールといえば飲み会にビアガーデン!! 次の日は最悪の二日酔い……。夏真っ盛りの今、すでにこんなパターンを経験している人がたくさんいるのではないだろうか。二日酔いは誰にとってもつらいものだが、なかでも「二日酔いで最も苦しむのは29歳」という興味深いデータが発表され、酒好きの間で話題になっている。

続きを全部読む

「安物の紅茶ティーバッグは骨や歯をもろくする恐れあり」と専門家が警告

スーパーなどでよく見かける低価格の紅茶ティーバッグ。安いし、簡単に紅茶をいれられるし、ということで利用している人も多いだろう。

しかし、英国では今、大手スーパーで販売されている低価格帯の紅茶ティーバッグが問題視されている。というのも、「低価格の紅茶ティーバッグには過剰な “フッ化物” が含まれており、骨や歯がもろくなるなど、健康に悪影響が生じる恐れがある」と専門家が警告を鳴らしているのだ。

続きを全部読む

ヨガがヒントに!人間工学に基づきデザインされた「立っているのに座っている」立ったまんまイスが登場

デスクワークは健康によくない、とは往々にして耳にする話。とはいえ、それを生業にしている者として「デスクに座り続けること」は避けられない事態。こればっかりはもう、致し方ありませんよねぇ。

でもね、本日ご紹介するイス『Standing Task Chair』さえあれば、このストレスおよびジレンマから解放されるかもしれないの!

続きを全部読む

【衝撃研究結果】血液検査だけで赤ちゃんの老後の健康状態が予測できる

どの親も自分の子供が生まれた時は、その子が将来健康で長生きする事を願うだろう。だが、これからはその子の将来の健康を「願う」のではなく「知る」ことが出来る時代がやってくるのかも知れない。

最新の研究で、血液中に老後の健康状態を予測する「ヒント」となる物質を特定する事に成功した。それにより、簡単な血液検査だけで赤ちゃんの将来の健康状態がわかるようになるそうだ。

続きを全部読む

「口論しないカップルは長生きする」という研究結果

お金、親戚、テレビのリモコンの奪い合い、と夫婦間でのケンカの理由は挙げたらキリがないだろう。お互いに言いたいことを言えば気持ちはスッキリはするかもしれない。しかし米医学研究チームの調査により、夫婦間の口論は健康に悪影響を及ぼすことが判明した。

続きを全部読む

ビール好きに朗報! 一日に中ジョッキ1杯程度のビールは健康に良いことが判明 / ノンアルコールではダメ

ビール好きにとっては嬉しすぎてたまらない研究結果が発表された! なにかと健康上の害を指摘されることが多いアルコールだが、一日に中ジョッキ1杯程度のビールならむしろ健康に良いそうだ。さらに、ラガーよりもエールのほうがより高い効果が期待でき、ノンアルコールではメリットが少なくなるという。

続きを全部読む

専門家「男性には性機能障害・女性には肌トラブルを警告すると禁煙に対するモチベーションが上がる」

タバコの箱を見ると、「喫煙は肺がんの原因になります」「喫煙は脳卒中の危険性を高めます」といった注意書きが書かれている。「病気の原因になる」という内容で禁煙を促す広告やスローガンもいろいろある。だが、これらを見て禁煙に対するモチベーションが上がり、タバコをやめられた人はどれくらいいるだろうか。

・禁煙に対するモチベーションが上がる
こんな疑問について、イギリスのある研究者が興味深い調査結果を発表した。それによると、男性には性機能障害を、女性には肌トラブルを訴えたほうが禁煙に対するモチベーションが上がるというのだ。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】健康維持のための運動は「2時間半を週に1回」で十分であることが判明

健康維持のために「毎日少しずつでも運動しよう」と決意したものの、3日後には「やっぱ毎日は無理!」と諦めてしまったことはないだろうか。毎日の適度な運動が健康の秘訣、と思っている人も少なくはないはずだ。……ところが!

カナダで行なわれた研究の結果、「健康でいるには毎日の運動は必要ない」ということが判明した。さらに成人の場合は「2時間半の運動を週に1回」するだけで、健康維持には十分であるという。無理して毎日続ける必要はなかったのだ!!

続きを全部読む

喫煙や暴飲暴食だけじゃない! ストレスは健康的な行動をも引き起こすことが判明

ストレスを感じると、ついつい暴飲暴食や喫煙などの不健康な衝動に駆られるという方は少なくないだろう。それもこれもすべてストレスが溜まっているせいにしてきたかもしれないが、それは間違いだったようだ。

・決め手となるのは普段の生活習慣
最新の研究によると、ストレスは不健康な行動だけでなく健康的な行動をも引き起こすことがわかったという。だが、どちらを引き起こすかは人によって異なり、決め手となるのはあなたの普段の生活習慣にあるそうだ。

続きを全部読む

【実録】ポリープ疑惑があったので「大腸内視鏡検査」をやってきた(前編)

以前、性格診断の先生に「あなたは大腸にポリープがあるかも。今すぐ病院で診てもらった方がいい!」とズバリ言われた。病院の先生でもないのに何を言っているんだコノヤローと思ったりもしたが、そうハッキリと言われると気になってくるのが人間だ。

ということで、言われた翌日には病院へ直行。本当にポリープがあるのか調べるべく、「大腸内視鏡検査」をやってきたぞ!!

続きを全部読む

【社会人必見】太りやすい職業ランキングが発表! 1位は「乗り物の運転手」2位は「製造業」

学生時代は運動なんかしなくても痩せていたのに、仕事を始めてからなんだか太ったような……。思わず「太っているのは自分のせいじゃない、仕事のせいだ!」と叫びたくなってしまうが、そんな言い訳を正当化できるかもしれない調査結果が発表された。

ずばり、肥満の人が多い職業を調査した「太りやすい職業ランキング」だ! あなたの職業はどうだろうか?

続きを全部読む

【衝撃】「おっぱいを10分見つめると健康になれる」という研究は都市伝説だった!? 論文も博士も存在しない可能性浮上

最近インターネット上で、「大きなおっぱいを10分見つめると健康になれる」という研究発表が話題になりました。これは、権威ある医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載されたものと言われているのですが、新たな事実が発覚!

かねてからデマではないか? との指摘もあったようですが、都市伝説について伝える海外サイトによると、医学誌にこの研究発表が掲載されたことはないというのです。また発表した博士も存在しない可能性があると指摘。これは一体どういうことなのでしょうか?

続きを全部読む

「ストレスが多い状態が続くとアルツハイマー病になるリスクが上昇する」という研究結果

ストレスの多い現代社会。ストレスをためこんでいると、うつ病などの病気にかかりやすくなることは知られているが、ストレスの恐ろしさを示す研究結果がまたしても発表された。

最新の研究で、脳内のストレスホルモンのレベルが慢性的に高い状態が続くと、認知症の一つであるアルツハイマー病にかかるリスクが上昇することが判明したという。

続きを全部読む

夜中にトイレへ行く人は要注意! 研究者「睡眠中に尿意で目覚めると日中の仕事生産率が急激に減少する」

夜中にトイレに行きたくて目が覚めるという方は要注意だ。「年を取ったせい」だと軽く考えていたかもしれないが、実はその行為が思いも寄らないところで悪影響を及ぼしていることがわかったそうだ。

最新の研究によれば、睡眠中に尿意を催してトイレに行くと、日中の仕事生産率を減少させることが明らかになったという。トイレに行くためにほんの数分間目を覚ましているだけで、身体にとっては想像以上の害になっていたのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7