島根県・松江市で2012年7月2日、全国で初めてまったく新しい性別表記の保険証が交付された。とある人物(54歳・戸籍上男性)は「性同一性障害」と診断されており、5年前から国民健康保険証の表記を「女性」にするように求めていた。そうしたところ、保険証の表面の性別を表記しない形で交付されたという。

この人物は、医療機関での保険証の提示が苦痛であることを訴え、松江市に記載を女性に変更するように要望。厚生労働省と市が協議した結果、表面は性別表記せずに、裏面に戸籍上の性別(男性)と表記することに至った。

続きを全部読む