「保護シェルター」にまつわる記事

猫がたくさんいる保護シェルターで掃除機をかけるとこうなる

掃除機を毛嫌いする猫は多い。大きな音が出るからか、はたまたあの外観が恐ろしいのか。いずれにせよ掃除機の姿を見るや否や、一目散でピューッと逃げ出してしまったりする。

では、猫が多数いる保護シェルターで掃除機をかけるとどうなるのか? 今、そんな写真がネット上で注目を浴びているのだが……あらあら、まあまあ! こうなるのね!!

続きを全部読む

8月17日は「黒ネコ感謝の日」!不人気な黒ネコに家族を見つけようと奮闘する保護団体の姿を知ってほしい!!

ネコの毛色&柄は実に多種多様。「どんなネコだって大好き!」という方も多いと思うが、実は他の色のネコに比べて、黒ネコは保護施設から引き取られにくい傾向にあるということが、『英国王立動物虐待防止協会』(以下、RSPCA)によって発表されたのだ。

保護しているネコの70%が黒もしくは、黒白の柄であり、黒ネコの譲渡率の低さに直面する同団体。その背景には、「黒ネコは、他の色のネコより見過ごされやすい」、「黒い動物は写真写りがあまり良くないので、ネットを使った里親探しでも目立ちにくい」といった理由が挙げられるようだが、この問題は、以前から多くの保護団体が頭を悩ませてきたことでもあるのだ。

続きを全部読む

近所の野良犬を助けたい! わずか9歳で動物保護シェルターを作った少年が話題

9歳と言えば、日本でいえば小学校3年生か4年生。今そんな子供が信じられないような仕事をしたと、海外で話題になっている。なんとその子は、通りにいる野良犬や野良猫など動物のための、保護シェルターを作ったのだ。

と言っても、何もその子の家庭が、簡単にシェルターを作れるほどお金持ちだったとか、親に無理を言ってお金を出してもらったわけではない。彼自身の優しさが、その道を切り開いたのである。

続きを全部読む