「余命」にまつわる記事

余命4カ月の女生徒のために「卒業式を経験させてあげたい!」と早めの式が開かれる / 同級生の友情とユーモアを忘れない彼女の強さに感動!!

普段、死について考える機会はあまりないと思うが、もし自分の大切な人の余命がいくばもないと告げられたら、あなたならどうするだろうか?

白血病のため余命4カ月と宣告された女生徒のために、彼女の同級生が「卒業式を経験させてあげたい!」と早めの卒業式を開いて感動を呼んでいる。そして逆境にも負けず強い心を持ち続ける彼女に、周りの人々が逆に勇気づけられているというのだ。

続きを全部読む

癌で余命宣告を受けた父の愛に世界が感動! 未来の娘へあてた「一言紙ナプキン」が素晴らしい

もしも今、自分自身が大病にかかり医師から余命宣告されたら、残りの人生であなたなら何をするだろうか。

癌(がん)を患い、5年以上の生存率が8パーセントと宣告されたあるアメリカ人男性は、愛する娘のためにひとつの計画を立てた。その計画を実行へ移すため、彼はボールペンと826枚の紙ナプキンを用意。たったこれだけの物で、彼は万が一の未来に備えてある準備をしたのだ。彼のこの行動が、いま世界中で話題となっており、人々に大きな感動を与えている。

続きを全部読む

ガンによる死の直前でご主人様と再会できたワンコの動画が感動的だと話題 / ネットの声「涙が止まらない」

日本人の死因のトップは癌(ガン)である。世界的に見てもガン患者は数多い。しかし、ガンは人間だけの病気ではなく、ペットである犬にもかかる病気なのだ。

今回ご紹介したいのは、ガンによる余命宣告を受けた犬・カーミーちゃんの感動秘話。何がどう感動なのかは、動画「The Best Gift! Kermie the Dog, battling cancer, reunites with Dad」と合わせて見て欲しい。

続きを全部読む

「婚約者をハネムーンに連れていきたい」余命わずかの男性の夢を叶えるため世界中の人々が立ち上がる

もしも今、あなたの人生は残りわずかだと告げられたら、みなさんならどうするだろうか。人それぞれ最後にこれだけはやっておきたい、この夢だけは実現したいというものがあるだろう。

そんな状況に今まさに直面しているひとりの男性がいる。病気を患い余命わずかであることを知った彼の最後の願いは、ずっと自分を支えてくれた婚約者と結婚し、彼女をハネムーンに連れていくこと。その切実な想いを知り心打たれた世界中の人々がいま、治療費の支払いで金銭的余裕のない彼のために動き出しているという。

続きを全部読む

またいつか僕らは会えるさ! 余命数カ月の青年が歌う歌が世界を感動の渦に包む! 世界の声「美しい」

現在ある一人の青年の歌が、世界中に大きな感動をもたらしている。

その青年の名は、Zach Sobiech。アメリカ・ミネソタに住む17歳の彼は、このたび、ある想いを書きつづった『Clouds』という歌を作った。その歌を収めた動画「Clouds by Zach Sobiech」が現在世界で話題になっているのだが、その動画は次のようなメッセージと共に進められていく。

続きを全部読む