【美談】「大人になったらカーペットになりたい!」と願った少年は人に踏みつけられる『人間カーペット』へと成長したのであった

皆さんは子どもの頃、夢を抱いていただろうか? 大人になったらプロサッカーで活躍したい! 宇宙飛行士になりたい! 誰もが何かの夢を持っていたはずである。

・15年間プロの「人間カーペット」として活躍
今回紹介するのは、そんな幼少期の夢を、叶えた男の話。ニューヨーク在住のジョルジオさん(52歳)は、誰もが子どもの頃に夢を思い描いたのと同じように、「将来カーペットになりたい」と思っていた。今から15年前に、彼はプロの「人間カーペット」として活躍し、いろいろな人に踏みつけられているのである。

続きを全部読む