「京都アニメーション」にまつわる記事

アニメ『響け!ユーフォニアム』に登場したパンを、3度目の正直で食べてみた / 「中路ベーカリー」京都・宇治

2019年9月6日より公開されている映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』が人気を博しており、話題となっているアニメ制作会社・京都アニメーション(通称・京アニ)。京アニが手がける作品は、人物はもちろん、背景にいたるまでとても丁寧に描かれているのが魅力の一つで、中には実在の場所をモデルに描かれている作品も多く、「聖地巡礼」ブームの火付け役ともなった。

筆者も京アニが制作した、京都・宇治が舞台のモデルとなっている吹奏楽アニメ『響け!ユーフォニアム』の「聖地巡礼」をしたことがある。しかし、「聖地」の1つであるパン屋さんを2度訪れ、2度とも臨時休業にぶち当たるという悲劇に見舞われていた。それが今夏、やっと念願叶って作中に登場するパンをいただくことができ、とても美味しかったのでご紹介したい!

続きを全部読む

【悲報】アニメ制作会社「京アニ」、ついに詐欺に利用されてしまう

もはや日本の一大文化となったアニメ。声優などアニメクリエイターを志す人も増えた今日この頃だが、それにしたって衝撃的な事案が発生した。なんと、アニメ制作会社「京都アニメーション(略して京アニ)」を名乗り不審な勧誘をしている人物がいるというのだ

続きを全部読む

岐阜県大垣市がアニメ映画『聲の形』オリジナル婚姻届を作成! アニメ好き「このグッズは難易度高すぎでござる」

一昔前はお堅いイメージのあった地方自治体も、最近ではめっきりくだけた印象がある。温泉でシンクロするPR動画を公開した大分県や、ふるさと納税の返礼品にアニメ『ヤマノススメ』のオリジナルグッズを加えた埼玉県飯能市など、「人は世につれ世は人につれ」という感じ。

そんな中、岐阜県大垣市がHPでアニメ映画『聲(こえ)の形』のオリジナルアイテムを発表したのだが……これはアニメ好きには難易度高すぎィィィイイイ!

続きを全部読む

【特報映像あり】劇場版『聲(こえ)の形』のビジュアルがついに解禁! 硝子かわウィィィイイイ!!

週刊少年マガジンで連載され、数々の賞に輝いたヒット漫画『聲(こえ)の形』。主人公・石田将也(いしだ しょうや)とヒロイン・西宮硝子(にしみや しょうこ)の、淡く切なくもどかしい関係は世代を超えた支持を集めた。

この作品が、京都アニメーションによって劇場アニメ化されることはすでに発表されていたが、今回ついに特報映像が届いたためお伝えしたい! さっそく、映像を見てみると、うおおおお硝子超かわウィィィイイイ!! 京アニの本気キマしたわーーーーーーーー!!!!

続きを全部読む

念願の『水泳男子アニメ』の放送決定に世界が大熱狂! 「幸せすぎて死にそう」「ほら行くわよ、私の卵巣!」 

以前、世界のネットユーザーが京都アニメーションの水泳男子CMに大興奮し、アニメ化を待望しているとロケットニュース24でも伝えたが、なんとその世界の願いが叶ってしまった! そう、水泳男子CMのキャラクターが登場するアニメが放送されることが決定したのだ!

『Free!』というタイトルがつけられたアニメは、水泳に青春を燃やす男子高校生たちを描いたストーリーとなっており、2013年7月から放送される予定である。またメインキャラクターの声を担当する声優陣も、島﨑信長さんに、鈴木達央さんや宮野真守さんなど実に豪華!

続きを全部読む

京都アニメーションのセクシーすぎる水泳CMに海外ネットユーザー大興奮! 「人生最高の30秒」「卵巣が爆発した」

ある日本の動画が、現在海外で爆発的人気を博している。その話題沸騰中の動画とは、京都アニメーションの水泳編CMである。

京都アニメーションとは、京都に本社を構えるアニメ制作会社であり、これまで『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』など数多くのアニメ制作に携わってきた。そして今回その京都アニメーションが自社CMを作ったところ、それがセクシーすぎると話題を集めている。

続きを全部読む

商業作品の危機、電子書籍元年で同人サイトに追い風

最近は「電子書籍元年」と言われ、電子書籍リーダーやスマートフォンの普及により、 書籍の形態が変わりつつある。しかし、電子書籍そのものの歴史は今に始まったことではない。電子書籍用のリーダーは、1990年にSONYが発売した 「データディスクマン」が、最初のものと言われている。その当時から携帯型の端末で書籍や新聞・雑誌、漫画を読むという考え方は存在していたのだ。

携帯端末だけでなく、ウェブ上にも同人ダウンロードサイトが存在しており、当時からすでに作品の販売は行われていた。その歴史は意外にも古く、主要サイトの登場は 1995年に遡る。「DLsite.com」は今年15周年を迎え、作品の量・質ともに成長を続け、実力は商業作品にも劣らないという。電子書籍元年の追い風を受け、ますます勢いを増しているようだ。

続きを全部読む

中国腐女子が過剰反応! 話題の教科書の挿絵 

日本でも高校の漢文の授業で中国唐代の漢詩を勉強するが、もちろん本場中国でも必修。古典の教科書に必ず収録されている。最近、中国の中学校の教科書に書かれていた「偶然再会し、感激のあまり手を取り合ってしまったであろう2人の男性」の挿絵に、中国腐女子が過剰反応しているらしい。

「腐女子」とは広義では女子のオタクのこと、狭義ではとりわけボーイズラブをこよなく愛する乙女達のことだ。中国で「腐女子」と言えば専ら狭義の方である。

続きを全部読む