「五輪」にまつわる記事

運も実力のうち! オリンピック史上「もっとも幸運な金メダリスト」スティーブン・ブラッドバリー

2月9日に開幕し、熱戦が繰り広げられている平昌オリンピック。早いもので日程は折り返し地点に差しかかろうとしている。さて、ここで質問だ。今から16年前の2月16日は、何があった日か分かるだろうか。

答えは、オリンピック史上「もっとも幸運な金メダリスト」が誕生した日。ソルトレークシティー五輪のスピードスケート・ショートトラック男子1000メートル決勝は、誰もが目を疑う結末を迎えた。

続きを全部読む

【ライブ映像あり】知ってた? スノボハーフパイプの絶対王者「ショーン・ホワイト」はロックバンドのギタリストで相当な腕前

2018年2月9日から韓国で開催されている「平昌オリンピック」。大会史上最多となる92の国や地域から、2900人を超える選手がエントリーするなか、圧倒的な強さで注目を浴びているのがスノーボードハーフパイプのショーン・ホワイト選手(米国)だ

2006年、2010年のオリンピックで金、その他の大会でも輝かしい成績を残しているのだが……実は大手レコード会社からデビューを果たしているロックバンドのギタリストとしての顔も持つとご存知だろうか?

続きを全部読む

【平昌オリンピック】ムキムキ上半身裸で話題のトンガ選手「実は寒かった」「あたたかさは内側からやって来るもの」と海外メディアに語る

2018年2月9日に行われた平昌オリンピック開会式。韓国・北朝鮮の合同入場やキム・ヨナさんの点火などで話題となったが、上半身裸で入場行進をしたトンガ代表団の旗手も熱い注目を集めた。

極寒の中ムッキムキの上半身を惜しげもなくさらすその姿に、世界中がメッロメロに。日本メディアも “肉体美の選手が帰ってきた” 、“ド根性の上半身裸” などと大きく取り上げ、「こんなの寒くないよ」という選手の言葉を報じた……のだが、やはり裸はちとキツかったもよう。この度、海外メディアに対して「実は寒かった」と “告白” していた。

続きを全部読む

人類は84年前に比べてどれだけ速く泳げるようになったのか分かる動画が想像以上にヤバい

4年に一度行われるスポーツの祭典「オリンピック」が、日本で開催されるまであと約3年。いよいよ、2017年10月28日であと1000日という節目を迎える。時の流れは早いもので、あと約1000回寝たら東京五輪の開幕である。

今からその時が楽しみだが、オリンピックといえば “人類の限界” に挑む超人が集う祭典なのは周知の通り。ただ、どれくらい人類が進歩してきたかと言われたら、ピンとこない人も多いのではないだろうか。そこで残り1000日の節目を前にご覧いただきたいのが、「人類は84年前に比べてどれだけ速く泳げるようになったのか分かる動画」だ。

続きを全部読む

一体何を競うの!? この世には「大麻オリンピック」なるものが存在するらしい

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックまで、あと3年。これから開催に向けて徐々に盛り上がりそうな気配を見せているが、オリンピックといえば、メインの五輪に加えて冬季オリンピック、さらには国際数学オリンピックなんてものもある。

そして、そこへ新たに「大麻オリンピック」なるものが加わった(?)という。では、「一体何を競うの!?」とツッコミを入れたくなってしまうような祭典について、紹介することにしたい。

続きを全部読む

サッカー史上もっとも八百長を疑いたくなるPK!? 5回もやり直して6回目でようやく決着

八百長だ! サッカーを観戦していると、声を大にしてそう言いたくなることが時にある。心の中では八百長なんてないと信じたいが、海外ではスポーツが賭けの対象になることもあってか、ゼロとは言い切れないのが現状だ。

これまでに怪しまれたシーンを挙げたらキリなし。ただ、もっとも八百長だと疑われたと思われるPKは、2004年の怒涛のPKやり直し事件で決まりだろう。8月17日、アテネ五輪のグループリーグ「セルビアモンテネグロ vs チュニジア」では、PKを5回もやり直すという信じられないシーンが全世界に配信されてしまったからである。

続きを全部読む

オリンピックの体操で本当にあった神演技5連発 / 段違いすぎる「段違い平行棒」など

2016年も気がつけばあとわずか。ブラジル・リオデジャネイロで行われたオリンピックからも、あっという間に2カ月が経過した。史上最多のメダル獲得をはじめ、体操男子団体の悲願の金メダルなどが思い出されるところだが、ここにきてオリンピックの公式インスタがおもしろい動画をアップしている。

その内容は、これまでの体操で本当にあった信じられない動き……つまり神演技である。全競技全種目をすべて把握している人はまずいないため、おそらくその演技を初めて見る人も多いことだろう。

続きを全部読む

オリンピック選手村のマックが「全品無料」だったのに “食べすぎが原因” で上限が設けられていた!!

様々なドラマがあった、ブラジルのリオデジャネイロで開催された第31回夏季オリンピック。閉会式での演出もドラマチックだったが、実は舞台裏でも、一種のドラマとも呼べる出来事が起きていたことが明らかとなった。

なんでも、オリンピック選手村のマクドナルドが「全品無料」だったのに、選手が食べに食べまくったせいで、上限が設けられていたというのだ!

続きを全部読む

なぜ? オリンピック選手の “ある部分” にテロップが入ると「ガチでヤバい」とネット民ざわつく

世界一流のアスリートたちが集結するオリンピック。限界ギリギリまで練習を行い、己の肉体を鍛え抜くのだから、選手たちの体が美しいのは言うまでもない。

しかし今、そんなオリンピック選手たちの “ある部分” にテロップが入ると「ガチでヤバいことが起こる」とネット民がざわついている。ヤバいって……一体どういうことだろう?

続きを全部読む

ソチオリンピックで女子スノーボーダーが野良犬を母国に連れて帰ることを決断 → 世界が賞賛

大盛況のうちに幕を閉じたソチオリンピック。大会中の様子は、テレビなどから伝えられたが、面白いのは選手たちによる Twitter や Instagram(インスタグラム)などへの投稿だ。マスメディア用に作られたものではない、選手たちの「素」の表情や舞台裏の様子が分かるからだ。

先頃、その1つとして、フィギュア・エキシビジョン後に撮られた浅田真央選手らの変顔集合写真を紹介したが、見ていてほっこりする画像は、まだあるぞ。例えば、ソチオリンピックで女子スノーボード選手が犬と一緒に写っている写真。一見どこにでもありそうなものに見えるが、実は心暖まる1枚なのである。

続きを全部読む

ソチオリンピック開幕前に2000匹の野良犬が処分されたとの報道 / 業者が「野良犬は生きたゴミ」発言し物議

2月7日、ロシアのソチで開幕した第22回冬季オリンピック競技大会。この日を首を長くして待っていた人もいるだろう。しかし開幕前に「ソチでおよそ2000匹もの野良犬が処分され」たとの報道が流れ、物議をかもしているのである。

続きを全部読む

【冬季五輪】ソチオリンピック会場の「ちょっと落ち着けなさそう」なトイレが話題

4年に1度の冬スポーツの祭典、冬季オリンピックが2014年2月7日より開催される。今回の開催地はロシアのリゾート都市・ソチだ。このソチオリンピックが行われる会場のトイレが「ちょっと落ち着けなさそう」と海外サイトで話題になっている。

話題になっているのは「オリンピック・バイアスロン・センター」の男子トイレだ。海外メディアの記者が現地取材中、そのトイレの光景があまりにも衝撃的だったため、Twitter に写真を投稿したのだ。

続きを全部読む

【警察に宣戦布告】東京オリンピックで大規模殺戮を計画か / Twitterに複数の犯行予告「東京五輪開催日にサリン撒きます」

とんでもない情報が入ってきた。日本人と思われる複数の Twitterユーザーが、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、サリンをまくと犯行予告をしているのだ。サリンといえば神経ガス系の毒物であり、1995年にはオウム真理教が使用して多くの死者を出した。

・多くの人たちが命を落とす可能性

東京オリンピックは、世界中から多くの人たちが日本にやってくる「今世紀最大のイベント」といっても過言ではない。そこでテロ行為としてサリンが使われれば、多くの人たちが命を落とす可能性がある。以下は Twitter に書き込みされた犯行予告の引用である。 続きを全部読む

【五輪】正直なところ「オリンピック開催地がトルコのイスタンブールになってもおかしくない」と強く感じた

2020年の夏季オリンピック開催地が、2013年9月7日にブエノスアイレスで開催される『第125次IOC総会』で決定し、全世界に発表される。立候補している都市は、トルコのイスタンブール、スペインのマドリード、そして日本の東京である。

スペインのマドリードには行ってないので何とも言えないが、正直なところ「オリンピックがイスタンブールになってもおかしくない」と強く思っている。2013年4月と8月、筆者(私)は仕事でトルコのイスタンブールに行き、観光客の視点から街をみたとしても、東京よりイスタンブールが優勢なのではないかと感じたのだ。

続きを全部読む

【五輪 独島アピール問題】韓国サッカー協会が日本側にメール「今後2度と同じような事が起きないようお互い努力していこう」→ 日本人「は? お互い?」

韓国のニュースメディア『聯合ニュース』は、ロンドンオリンピックのサッカー日本VS韓国戦で、韓国人選手が「独島の韓国領有」を主張するメッセージを掲げた件について、新たな展開があったと報じている。

韓国サッカー協会は日本サッカー協会に対し、韓国人選手が意図的にメッセージを掲げたわけではないと電子メールで釈明(謝罪はナシ)。さらに「今後、2度と同じようなことが起きないようお互い努力していこう」というメッセージもメールに含めたという。

これに対して日本国民は違和感。「は? 何を言ってるの? どうしてお互いなの? 問題を起こしたのは韓国側でしょう?」という疑問がわいてきたようで、怒りの声や「あきれた」という声がインターネット上に多数あがっている。以下は、日本国民の声である。

続きを全部読む

これは泣いてまうやろー! 五輪応援フォトブースで写真を撮っていたら “ベッカム” が登場しみんな大感激!!

先日イギリスのショッピングセンターに、あるフォトブースが設置された。このショッピングセンターはロンドンオリンピックが開催される「オリンピックパーク」の真向かいにあり、フォトブース訪問者は五輪イギリス代表団のサポーターたちだ。

そしてイギリス代表団への応援を写真のなかで示してくれと言われると、みな様々なポーズをとり、熱いエールを代表選手たちへ送っていく。するとある一人の男性が「自分も一緒に混ざっていい?」と言いながら、横のシークレットブースから登場。

「一体誰だよ!」とよく見てみると、その男性はあの! あの!! 世界的サッカー選手・デビッド・ベッカムではないか!!!

続きを全部読む

ロンドンオリンピックに日本から陸路・海路で行く方法 / 日本~中国~ロシア~イギリス

2012年7月27日~8月12日の期間に開催されるイギリス・ロンドンの夏季オリンピック。世界中のアスリートが競い合うスポーツの祭典として注目されているのも当然ですが、経済効果としても非常に大きな期待が持たれています。

世界中から観光客が集まるロンドンオリンピックですが、皆さんも行く予定でしょうか? すでに主要のホテルは予約がいっぱいで、人気の観戦チケットは入手が難しい状況になっているようです。もちろん、飛行機のチケットも手に入りにくい状況になるでしょう。でも飛行機で行くという人が大半ですよね。
 
続きを全部読む