「中澤」にまつわる記事

【ネット恋愛後日談】ネットで彼女ができたので「両家顔合わせ」してみた結果 → 悲劇の結末に……結婚してる人SUGEEEEE!

もう少しで平成最後のクリスマス。36年間ほとんどクリスマスを彼女と過ごしたことがない私(中澤)だが、どうやら2018年はクリボッチの記事を書くことはなさそうだ。3月に彼女ができたから。ネットで出会った子安辺美々(こやすべみみ)さんである。

思えば、美々さんと出会って8カ月以上が経った。長いようで短い8カ月。同棲を始めて約半年だが、色んなことを学ばせてもらった気がする。それじゃあ、そろそろいっちゃう? 両家顔合わせ

続きを全部読む

【ブチギレ】36才バンドマンがネットで出会った彼女の「オカン」に挨拶してみた → 怒声が響くアクシデント発生!!

11月。早いもので2018年も残すところ約2カ月をきった。ちょっと早いが、今年を振り返ってみると、私生活で一番変わったことは彼女と同棲を始めたことかもしれない。ネットでの彼女募集で出会った子安辺美々さん(仮名)である。

出会ったのも今年である美々さん。初めて同棲をする私(中澤)にとって、同棲生活そのものが衝撃の連続なのだが、この度、美々さんのオカン(お母さん)に挨拶することになった。だがしかし、私は現役バンドマンでネット記者の上、植毛手術中である。これ、大丈夫なんだろうか?

続きを全部読む

【衝撃】ネットで出会った彼女と3カ月同棲してみた結果 → ある日家に帰ったら机の上に超でかい「アレ」が置かれていたでござる……

気になることはすぐにネットで検索できる現代社会。「知識はあっても実際に体験したことがない」という物事は意外と多いものである。

以前の記事で、彼女がいなかった私がネットで出会った彼女と同棲するまでの一部始終をお伝えした。その生活も3カ月目に突入したある日のこと。家に帰ると、まさにそんな「存在は知っていても実際に見たことがなかった物」が机の上に置かれていた。

え? これってまさか “アレ” じゃね? うわあ……初めて見た。それにしてもデカすぎない……?

続きを全部読む

【衝撃】ネットで出会った彼女と「同棲」してみた結果……

同棲……それはだ。少なくとも、うだつの上がらない独身生活を送る私(中澤)にとっては。帰って来たら人が出迎えてくれるなんて、それだけで東京砂漠の砂嵐も渡っていけそうじゃないか。死ぬまでに1度でいいから同棲してみたいなあ

つい先日まで彼女がいなかった私にとって、「実現不可」という意味でもそれはまさしく夢だった。だが、今の私には子安辺美々(こやすべみみ)さんがいる! というわけで、同棲してみた結果……

続きを全部読む

【衝撃】ネットで彼女募集したら彼女ができたので両親に紹介してみた結果

嵐とはいつも突然やってくるものである。ゴールデンウィークも差し迫った4月の末、私(中澤)の元に1本の電話がかかってきた。携帯の画面に表示された名前は大阪に住んでいるオカン(お母さん)。

オカンはこう言った。「ゴールデンウィーク東京行くんやけど」と。東京行くんやけど……行くんやけど……くんやけど……だからなんだ!? 一瞬そう思ったが、これは良い機会なので彼女を紹介することにした。

続きを全部読む

【ブチギレ】ネットで募集した彼女を「インドの安宿より汚いゴミ部屋」に呼んでみた → 彼女「この黄色いの何?」

みんなー! 恋してる? 人を好きになるって神秘だよね。この広い宇宙であなたと出会えたことに感謝。ずーっと彼女がいなかった私(中澤)に、ネット募集で彼女ができたことは以前の記事でお伝えした通り。

あれから2カ月弱。外にデートに行くのもネタ切れだ。そもそも、私はインドア派なので、家で一緒にアニメ見たりゲームしたりの “家デート” をしてみたい。というわけで、彼女・子安辺美々(こやすべみみ)さんを部屋に呼んでみることにした。そう、「インドの安宿より汚い」と言われたあの部屋に

続きを全部読む

【感動巨編】ネットで彼女募集したら「彼女ができた」でござる!

もうすぐ4月。春は目の前だ。だが、私(中澤)の春は遠い。ロケットニュース24で以前、彼女募集をした私。あれから2年が経ったがいまだに独り身である。寒いよお……。

本当にもう一生彼女できないんじゃないだろうか? ほぼ諦めかけていたその時、届いた1通の問い合わせメール。そのメールにはこう書かれていた。「もし可能であれば彼女募集に応募したいのですが」と!

続きを全部読む

【コラム】水まわりのトラブルに強い男はカッコイイ

突然だが、女性にとって『つまらない男』よりも、『つまる(おもしろい)男』のほうがいいに決まっている。だが、『つまらせる男』よりは『つまらせない男』のほうがカッコイイ。例えば、トイレが詰まってしまったとき……。

動じることなく手際よくその詰まりを解消させることができたら……超カッコイイ。──と、先日私(DEBUNEKO)は気づくことがあった。以下は、その発想に至るショートストーリーである。

続きを全部読む