「中二病」にまつわる記事

【悲報】クロちゃん、ポエムをつぶやきまくってしまう… / 最近自分の “闇” に飲みこまれがち?

「クズ」とか「ウソつき」とか言われがちな、安田大サーカスのクロちゃん。彼は自分の悪しき部分について、心の中に魔物がいると自ら明かしている。その影響か、夜間に中二病をこじらせたかのようなポエムをTwitterに投稿してしまうことも。

そして実はここのところ、ポエムの投稿頻度が非常に高くなっている。とくにお盆あたりから、3日に1度くらいの割合で投稿が続いているのだ。まさか、自分の闇に飲みこまれたのか?

続きを全部読む

【暑さが原因か!?】クロちゃんが再び不気味な投稿!「闇に取り込まれてどれぐらいの時間が……」

安田大サーカスのクロちゃんは、約半年前に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画どうしようもないウソつきであることが明らかになり、その発言にも注目が集まった。しかし、今や世間の目はあの時ほどクロちゃんに注がれていない気も。

それはさておき、そんなクロちゃんがまたしてもナゾの投稿を行っている。内容を読むと……もしかしてクロちゃんはこの猛暑にやられたのか!?

続きを全部読む

【中二病じゃない】「騎士団長の館」を見るためにギリシャのロードス島まで行ってきた / ドラクエ感全開の世界

ギリシャとトルコに挟まれたエーゲ海には、2500以上もの島があるとされている。その中で、中二病を患う男子なら無条件で惹かれる島がロードス島だ。なんといっても、島の名前が有名ファンタジー作品のタイトルにも使われている上に、島ではかつて騎士団が死闘を繰り広げた歴史がある。

完璧なまでに、中二病男子の好みにマッチしている場所と言っていいだろう。そんな島に、「死ぬまでに一度は行ってみたい」と思っていた私(35歳)。つい先日、念願かなって現地まで足を運ぶことができたので、写真とともにレポートしたい。

続きを全部読む

【思い出の拷問】10代で “出会った” 2つの拷問が今でも忘れられない件

相手を痛めつけ、尊厳を踏みにじり、肉体的・精神的に苦しめる「拷問」。もちろん……もちろん、自分は関わりたくないものだし、この世から抹消すればいいとも思っている。それでも、なぜだろう? 正直言って、ほんの少しだけ気にもなる……きっとそういう人も多いだろう。

私(筆者)もそんな一人だが、10代で出会って以来、心に住み着いてしまった2つの拷問があるのだ。あれは……一体……なんだったんだろう? と今日も空を見上げては、ぼんやりと思い出しているのだ。

続きを全部読む

自分で考えた空想世界のキャラ設定をノートにビッシリまとめてみたり、魔法が飛び交うファンタジー小説を執筆してみたり、「学園祭で全校生徒の前でバンド演奏」などの妄想をしてしまったり……という経験は、日本人ならば誰にでもあるはずだ。特に中学2年の頃にやってしまうことが多いため、これらの恥ずかしい行動は「中二病」と呼ばれている。

そんな中二病は、日本独特のものだと思われていたが、実はそうでもなさそうだ。

続きを全部読む