天理市長が風俗利用を「道徳的に不適切だった」と謝罪 / ネットの声「風俗使って何が悪い」「風俗くらいで騒ぐなよ」

週刊新潮により、公務出張中に性的なサービス利用していたことが報じられた奈良県天理市の並河健市長。奈良テレビの報道によると、同市長は8月31日に行われた記者会見で「定められたサービスの範囲であり、違法行為はなかった」としながらも「道徳的に適切でなく、不徳の致すところ」と謝罪したという。

本当に市長の言葉通りに違法行為がなかったのなら、ただプライベートの風俗利用を暴露されただけとなる。この一連の報道に対し、ネット上ではさまざまな声が挙がっている。

続きを全部読む