「世界大会」にまつわる記事

【空中遊泳】日本にも上陸した「インドア・スカイダイビング」の世界大会の演技がまるで妖精のよう

海外では以前から大人気のアクティビティとなっており、今年2017年4月には埼玉県越谷市に日本初の体験施設がオープンした「インドア・スカイダイビング」。人工的に発生させた下からの風圧を利用して “空中遊泳” を楽しむスポーツだ。

日本ではまだあまり馴染みのないインドア・スカイダイビングだが、先日、カナダのモントリオールで世界大会が開催され、一流選手たちが演技を披露した。今回はその中でも、女性スター選手として知られるマヤ・クジンスカさんの華麗なパフォーマンスをご覧に入れたい。

続きを全部読む

【動画あり】九州男児の底力!! ワールド・オブ・ダンス大会で優勝した日本ダンスグループ「九州男児新鮮組」がマジでブっ飛びすぎ!

スポーツなど体を使う競技において、短距離走やブレイクダンスといった種目は、やはりアフリカ系の十八番(おはこ)というイメージがある。

だが、そんな先入観を吹き飛ばしてくれる九州男児達が、ダンス界を席巻して大きな話題となっている。アメリカで開催されたダンス大会「ワールド・オブ・ダンス」で、なんと日本のグループが優勝!! 

そして、彼らのダンスを堪能できる動画「Kyushudanji Shinsengumi 1st Place Youth」で、人間技とは思えないような、ブッ飛び感動もののパフォーマンスを繰り広げているのだ! これは、絶対に要チェックだぞ!!

続きを全部読む

オリジナルの18倍もの数で構成されたルービックキューブが登場!! 1014個のキューブを合わせないとパズルが完成しないぞ!

日本でも1980年代に大ブームとなったルービックキューブ。ある程度年齢を重ねた人なら、誰でも一度は、この立体パズルに挑戦したことがあるのではないだろうか。ルービックキューブは、全部で54個のキューブによって構成された正六面体パズルだ。各面に違う色がつけられたキューブを回し、バラバラに色を崩した状態にして再び6面の色を揃えるのである。

54個のキューブを揃えるだけでも大変なのに、なんとトータルで1014個のキューブから成るルービックキューブが登場したというのだ! こんなモンスター・パズルにチャレンジしたい人はいるだろうか!?

続きを全部読む