3日間で3回も「覚せい剤」で逮捕された男がいた

今まで多くの人間の人生を狂わせてきた覚せい剤。一度やったら終わりとも言われる、ドラッグのなかで最もタチの悪い代物である。そんな覚せい剤の恐ろしさを如実に表す事件が起きた。

事の始まりは、覚せい剤を決めた状態で男が車を運転したことだ。当然、逮捕された。だが、男はそれから後もクスリを手放せず、結局3日間の間に3回も逮捕されたのである!!

続きを全部読む