【方言コラム】大阪弁「シバく」は語尾によって意味が変わる「シバくで」「シバくぞ」「シバいたろか」

儲かりまっか? ボチボチでんなあ。大阪弁は方言の中でもメジャーな部類に入るだろう。そのため、あまり使われない言葉や誤ったイントネーションが「大阪弁」として広まっていたりする。冒頭のやり取りもほぼネタでしか言わんからね。知らんけど

一方、大阪人がよく使うのが「シバく」だ。意味は「叩く」「殴る」に近く、「シバくぞ!」という感じで脅し文句として使用されるのがポピュラーな使い方。一聴すると物騒だが、大阪人は「シバく」と言う時、実は語尾によってどれくらいキレているのかを使い分けているのだ

続きを全部読む