【ネタバレなし】酷評されすぎて逆に見たくなった『大怪獣のあとしまつ』を映画館で鑑賞してきた!!

映画『大怪獣のあとしまつ』は、「巨大生物の死骸の処理」という前代未聞の難題に、人類が英知を結集して挑む物語。

ではない。

2022年2月4日の公開以来、レビューは混迷。もはや「賛否両論」を通り越して「酷評」といっていい評価を受けている。

記事執筆時点で「Yahoo!映画」での評価平均は5点中2.1点、「映画.com」では同2.2点。「この映画のあとしまつをどうしてくれる」という迷言が飛び交うほどである。

そこまでいわれると「逆に見たくなる」のが人間の性。映画館で鑑賞してきた!

続きを全部読む